4日(2019年8月=現地時間)に行われた女子ゴルフのメジャー最終戦、全英女子オープンで、初出場の20歳の渋野日向子選手が優勝した。日本人男女のメジャー制覇は、1977年全米女子プロ選手権の樋口久子以来2人目で、42年ぶりの大快挙だ。

しびれる場面で駄菓子モグモグとは

渋野は単独首位でこの日の最終ラウンドを迎え、いったんはサラス(米)に首位をゆずったが、逆転、再逆転のデッドヒートを展開し、最終18番で決勝のバーディーパットを見事に決めた。

「歴史的快挙をやってのけました。笑顔のフィニッシュです」と、実況の野上慎平アナも快哉を叫んだ。

この間、渋野は終始笑顔でギャラリーにこたえ、昆布のおにぎりや駄菓子をもぐもぐとほおばり、その姿が現地では大うけだった。

司会の羽鳥慎一「すごいの一言ですが、キャラクターもものすごくよさそうですね」

野上アナ「あれだけのしびれる場面で駄菓子を食べる選手は見たことがありません。初日から笑顔で、これまでの日本選手とは若干違う雰囲気はありました」

渋野は優勝決定後のインタビューに「鳥肌が立ちすぎて、言葉にできません。ただ、最後のパットは、あそこできめるかと、がっついて強気で打ちました」と、このときも笑顔で語った。

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「『出現』ですね。プレッシャーがないうちにスススっと上がった」

東京五輪に新たな金メダル候補が現れたということだろうか。