Windows のマウスポインタが小さくて見づらい! 大きく、カラフルにする方法

写真拡大 (全8枚)

最新のWindows 10では、フリーソフトなどを使わなくても、マウスポインタのサイズと色を自由にカスタマイズできる。

マウスポインタが見づらい、操作しづらいという場合は、設定を変更してみよう。
ちょっと老眼気味で……というユーザーにもおすすめだ。


●マウスポインタのサイズや色は自由にカスタマイズ可能
Windows 10は、自動的に機能がアップデートされる。このため、気づかないうちに今まで不可能だったことが可能になったり、同じことが今までとは違った方法でできるようになったりしていることも珍しくない。

マウスポインタの設定もその1つだ。
従来もマウスポインタのサイズや形をカスタマイズすることはできたが、最新バージョン(1903)では、より簡単にカスタマイズ可能になっている。

たとえば、次はWindowsの標準設定だけでマウスポインタをカスタマイズした例だ。


Windows 10の最新バージョンでマウスポインタをカスタマイズした例。



●マウスポインタの設定方法
ここからは、マウスポインタをカスタマイズする手順を説明しよう。なお、Windows 10のバージョンは1903である必要がある。


Windowsの設定画面を表示したら、[簡単操作]を選択する。



左側のメニューで[カーソルとポインター]を選択し、右側でサイズや色を設定する。サイズはスライダーを左右にドラッグすればすぐに変更される。



これは黒反転を選択した場合だ。マウスポインタを置く場所によって色が変化し、背景が透けて見えるのが特徴だ。



マウスポインタの色を変更することもできる。右端をチェックすると色の一覧が表示される。



前画面で[ユーザー設定のポインターの色を選択します]をクリックすると、独自の色を作成することもできる。



作成した色が追加されて、色の一覧から選択できるようになる。


このように最新のWindows 10では、マウスポインタのサイズ・色を手軽に変更できる。サイズが小さかったり、色が見づらくて操作しづらかったりする場合は、使いやすいようにカスタマイズしてみてはどうだろうか。


執筆 井上健語(フリーランスライター)