「日常のすべてが監視され、収益化される「監視資本主義」への警告」の写真・リンク付きの記事はこちら

2016年に「ポケモンGO」が登場したとき、人はこのアプリを「AR世界へのほぼ無害な入り口」であると捉えた。

ポケモンGOは、ヴァーチャルなポケモンが現実世界にリンクして出現するゲームだ。ユーザーはポケモンが出現する場所に実際に足を運び、捕まえることで経験値を積んでいく。その健康への効果やコミュニティ構築力についてメディアが連日報道したこともあり、アプリはリリース直後から大成功を収めた。

しかし同時にこのアプリは、人々から膨大なデータを集めるキュートでポップな方法でもあったのだ。

「監視資本主義」の始まり

ハーヴァード・ビジネス・スクール名誉教授のショシャナ・ズボフは、最新の著書『The Age of Surveillance Capitalism』(監視資本主義の時代)で、ポケモンGOを資本主義の新形態の一例として取り上げている。この新しい資本主義では、ユーザーがこれからどこへ行くのか、途中で何を目にするのか、目的地で何をするのかといった、一見すると何のこともない行動の予測情報が利益目的で取引されるのだ。

「改めて考えることはなくとも、誰もがこの問題にうすうす感づいているのではないかと思います」と、ズボフは語る。「テクノロジーや資本主義の世界に必然などありません。『デジタル監視は避けれない』という考え方には根拠がないのです。デジタル監視の進行を放置してはなりません」

ズボフの主な主張はこうだ。「データ抽出と予測」というグーグル流の手法で身を立てたテック企業たちは、人間の行動を基に未来の行動を予測する方法を編み出した。テック企業たちがもつこの予測能力は他企業にも売られ、オンラインのみならずあらゆる場所での行動がどんどん予測の対象になっている。仕事帰りに行く場所、知り合い、服の好み、普段買うコーヒーまですべてだ。

つまり、わたしたちのあらゆる行動(プロポーズや流産のような非常にパーソナルな体験すらも)が、収益化可能な何か、あるいは特定の行き先や行動へと人を誘導するような何かに変換されてしまうということだ。

そんなに悪いことでもないと考える人もいるだろう。どんなイノヴェイションも利便性を売りにするのが常であり、それを歓迎する人は一定数いる。

ところがズボフいわく、今回社会にもたらされる変化は世界を後戻りできないかたちで変え、人々は自分のあらゆる感覚が利益のために収集されているように感じるだろうという。インターネットに接続されたデヴァイスが四六時中ずっと人々の行動に関するデータを集めるような世界になれば、人々のプライヴァシーはおろか、自由意志さえ手放すはめになる。

ズボフが定義した「監視資本主義」では、人間のあらゆる体験が監視される。人々が所持するデヴァイスから集めた情報を利用して、企業の利益となるようユーザーの行動を予測したり誘導したりするのだ。

監視資本主義は人間を素材とする

著書のなかでズボフは、この資本主義の新しい形態について包括的な説明をしている。その視線は、グーグルからポケモンGO、モノのインターネット(IoT)、さらにその先の未来へと移っていく。

「監視資本主義は、インターネット上でユーザーをつけ回すターゲティング広告よりも大きな概念です」とズボフは言う。「産業資本主義では自然界の素材が商品に変えられました。監視資本主義が素材として求めるのは、人間自身なのです」

『The Age of Surveillance Capitalism』は3つのパートに分かれており、資本主義に関する初期の経済理論から未来までを概観できる。ここで語られる未来とは、家ではスマートスピーカーやキッチン家電、街では“スマート”歩道によって、常に何かに接続されていることが避けられなくなった世界のことだ(わたしたちがいま止めなければ、そんな未来がやってくるという)。

パート1では、監視資本主義の起源に迫る。監視資本主義が生まれた背景には多数の要因があるが、そのひとつはグーグルなどの企業がターゲティング広告の発明によって成長していったことだ。

パート2では、こうした広告がいかにして予測能力を手にし、デジタル領域から現実の世界へと勢力を拡大したかとともに、いかに人間の体験が企業によってデータ化され、搾取・操作の対象となったかが検証されている。

最終パートでは、テクノロジーやインフラから常時感じとれるある権力が、いかにして消費者行動の予測から望ましい結果を引き出そうとするのかが論じられている。ズボフはこれをを「手段主義的権力(instrumentarian power)」と呼ぶ。この権力が目指すのは、オンラインの世界であろうとオフラインの世界であろうと(このような区別が今後も必要とすればだが)、社会を都合よく改変できるコントロール可能な場所にすることだ。

ケンブリッジ・アナリティカが浮き彫りにしたこと

「もしこの本が出たのが2015年だったとしたら、あるいは少し先の2016年であったとしても、読者の大半は本書の中心テーマや核となる主張に対してもっと懐疑的な視線を向けていたでしょう」と、ズボフは言う。「当時であればパラノイアだと思われたかもしれません。しかし、いまはそういった心配をする必要はなさそうです。むしろ、状況は逆転したと言えます」

その理由のひとつは、近年ケンブリッジ・アナリティカの件のようなスキャンダルが相次いだために、テック企業のやり口について危機感が高まっていることだ。

「ケンブリッジ・アナリティカのスキャンダルのときにわたしたちが見聞きしたことは、監視資本主義の世にあっては日常茶飯事のことです」と、ズボフは言う。多くの人にとって、テック企業の悪事をあそこまではっきりと目の当たりにするのは、ほぼ初めてだったはずだ。「個人情報から行動に関するデータを余分に搾り取り、企業にとって都合のよい利益の出る方向へと消費者の行動を誘導する──これが監視資本主義の骨子です」

『The Age of Surveillance Capitalism』で用いられる言葉はアカデミックで、ズボフの主張も難解である(彼女の筆致が大仰になりがちなこともあり、圧倒されてしまう人もいるかもしれない)。しかし、ズボフは経済的・歴史的・政治的観点から分析を行いつつ、心理学の理論を非常に効果的に用いている。

人間の内面に目を向け、若者に語りかけるようにして、ズボフは継続的な監視が最新の技術に囲まれて育った世代にどのような影響を与えうるか検討を進めているのだ。そうして彼女は、消費者がどのような行動をし、何を信じるか決める能力に監視資本主義が恐ろしい影響を与えかねないと問題を提起している。

ズボフは分析の目を、主にフェイスブック、グーグル、マイクロソフトに向けているが、批評の対象となっているのはこれらの企業だけではない。むしろ彼女は、これらを「監視資本主義のDNAを調べるうえで最適なペトリ皿」だとしている。例えば、インターネット上のすべての情報を体系化し、アクセス可能にするというグーグルの野望は、わたしたちの社会をすっかり変容させ、インターネットの方向性を決定づけたという。

見逃された最も重要な問い

ズボフの著作を読んでも、未来への不安から解放されるとは言えない。しかし少なくとも、テクノロジーの力にまつわる懸念がどのように広がっているのか明瞭な説明を得て、その枠組みを把握することはできる。

ズボフはこの懸念を、何か忘れてきたのではないかと思いながら飛行機に乗っているようなものだと説明している。「そして、こう思うわけです。『ああ、忘れたのはクルマのカギだ』と」と、ズボフは言う。「もちろん、依然としてクルマのカギは手元にないわけですから、状況がよくなったとは必ずしも言えません。しかし、少なくとも問題の正体はつかめているわけです」

本書自体は、武装蜂起の掛け声というよりは目覚まし時計のようなものだと言っていい。読後に実感するのは、監視主義の魔手がSNSのアカウントを凍結するといった一般に言われているような範ちゅうを優に越えて伸びてきており、個人でできることは非常に限られているという事実である。

「読者にわかりやすい対策法を提供しようと思って本書を執筆したわけではありません」と、ズボフは語る。「わたしが意図したのは、読者に不公平感や強い懸念を感じてもらうことです。もし身を潜めるという解決法しか見いだせなければ、それは敗北です」

博識だが誇大妄想的でもある難解な英文をじっくり500ページも読み進めたとして、そのあとの展開には、ぱっとしないと感じる読者もいるかもしれない。理論的な論調から、説得するような文章に変わっていくためだ。

社会一丸となって、監視され続ける未来に立ち向かっていかねばならない、というのがズボフの主張だ。第8章で、ズボフはこう総括している。「データ保護やデータ所有に関する議論は、最も重要な問いを見逃している。それは『そもそもなぜわたしたちの体験が行動データに変えられてしまうのか』という問いだ」