キヅナツキ描き下ろし「ギヴン」アーティスト写真 (C) Natsuki KIZU/SHINSHOKAN.JPG

写真拡大

 放送中のテレビアニメ「ギヴン」の作中に登場するバンド「ギヴン」が、エンディングテーマ「まるつけ」で9月18日にメジャーデビューすることが決定した。原作者のキヅナツキ氏がプロデュース、温詞によるソロプロジェクト「センチミリメンタル」がサウンドプロデュースを務め、主人公・佐藤真冬役の矢野奨吾がボーカルを担当する。

 同曲は、センチミリメンタルが作詞・作曲・編曲を担当しており、温詞は「生きていくなかで、僕らは数え切れないほどの選択をします。でもその選択が果たして正しいのかどうかの解答はどこにもなく、いつだって暗闇の中を手探りで進んでいくような日々です。だからこそ、同じペンを持って、同じ問題を前に、『どうかな』と探りながら答えを書き、そして答えのないまるつけを一緒にしてくれる誰かの存在は、どんな完璧な解答よりもかけがえのないものだと思い、この楽曲を制作しました。これは僕と、『ギヴン』が悩みながら導き出し、そして世に放つひとつの答えです」と楽曲に込めた思いを明かしている。キヅナツキ氏は、同曲に対し「純粋に、だいすきな曲。会議の時、初めて聞いた時から耳に残ってしばらく口ずさんでた。サビ前のブレイクでぎゅーってなる」とコメントを寄せている。

 フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」初のBLコミック原作である本作は、印象的な歌声の持ち主・佐藤真冬、高校生離れしたギターの腕前の上ノ山立夏(CV:内田雄馬)、立夏が所属するバンドのドラマー・梶秋彦(CV:江口拓也)、べーシストの中山春樹(CV:中澤まさとも)を中心とした青春バンドストーリー。音楽への情熱を失いかけていた立夏が、偶然聞いた真冬の歌に魅了され、次第に2人の距離が変わっていくさまを描く。