女性の大事なデリケートゾーン。自分ではきちんとお手入れしているつもりでも、実際は間違っていることが多いかも。

学校で詳しく習うことでもないし、何か問題が起きたときに、どう対処したらいいのか知識がないという人がほとんどでは? その結果、知らないうちにトラブルの原因を自ら招いてしまっていることもあるそう。いつもと違うおりものやかゆみがある、あるいは、自分のお手入れ方法が正しいものなのか疑問に感じている人は次のリストを要チェック! コスモポリタン イギリス版から、デリケートゾーンのケアで気をつけるべき9つのことをご紹介します。

1.石鹸で洗う

陰部をきれいにするために、多くの人がせっけんやシャワージェルを使っているのでは。実は、自浄作用がある膣には内部を酸性に保つ細菌が常在し、感染を防いでいるのだとか。そのため、化学的な成分に触れると、良い効果より悪影響の方がずっと多いのだそう。

婦人科医で『The Gynae Geek(原題)』の著者、アニータ・ミトラ博士によると「膣内はもちろん、そのすぐ周りをせっけんでゴシゴシ洗ってしまうと、膣を感染から守ってくれる必要な細菌まで洗い流してしまい、そのために炎症を起こしたり、おりものが過剰に増えたり不快なにおいの原因につながることもあるのです。すでに肌にトラブルやおりものがあり、それをせっけんできれいにしているつもりでも、解決にはなりません」とのこと。

感染症の心配があるのなら、すぐに病院へ行くこと。婦人科の受診に抵抗があるという人もいるかもしれないけれど、なにか異常を感じるのであればプロの助けが必要。「問題の原因となる感染症や皮膚の症状を診断してもらい、効果的な治療を受けましょう」とミトラ博士はすすめます。

2.下着や服がきつい

補正下着が必要な場面もあるとは思いますが、ミトラ博士によれば、毎日着る下着は動きやすく楽なものが好ましいとのこと。「多くの研究で、きつい下着や服は膣カンジダのリスクを高めるという結果が出ています。きつい下着は菌が好むあたたかく湿った環境を作り、増殖しやすくしてしまうのです。タイトな下着を身につけていても、問題のないという女性もたくさんいます。でも、もし膣カンジダを頻繁に再発してしまうようであれば、ゆったりしたコットンの下着を着けてみましょう。効果があるか、様子をみてみるといいと思いますよ」

3.脱毛

Vゾーンのムダ毛のお手入れは、特に敏感肌の人は手をつけない方がいいこともあるそう。

「外陰部の周囲の肌はデリケート。剃毛することによって、ひりひりしたり、時には発疹が出てしまう場合も。脱毛で埋没毛の問題を引き起こすこともあり、とても不快な上、それが感染の原因となる恐れがあります」

もちろん、脱毛のすべてがNGというわけではありません。「脱毛自体は危険なことではないのですが、それが健康にプラスになるという確証もありません。結局は、自分がどうしたいかですよね」とミトラ博士。

自分でムダ毛を処理した際になんらかのトラブルがあったけれど、アンダーヘアを伸ばしたくないという場合は、ワックスを試してみるものいいかも。身体の声に耳を傾けて、合わないものを無理やり続けることは避けましょう。

4. 喫煙

意外かもしれませんが、タバコはよく挙げられる健康問題以外にも、デリケートゾーンに悪影響を与えるのだそう。「タバコの化学物質が膣まで到達し、健康な細菌の数に影響を及ぼすことがあります。つまり、最悪の場合、膣カンジダや細菌性膣炎になったり、膣が乾燥したりするリスクが高まるのです」とミトラ博士は指摘。

もし、なんらかの症状がある場合は、吸う本数を減らすか、いっそ禁煙してしまうといいかもしれませんね。

5.ストレス

ストレスをためないように、と口で言うのは簡単だけど、実際はなかなか難しいもの。しかし、事実として、ストレスは体に大きな影響を及ぼすものです。「わたしの患者さんにも、ストレスがかかると膣カンジダ症や細菌性膣炎が現れるという人がたくさんいます。どのようなメカニズムかはまだ解明されていませんが、おそらく、ストレスが免疫系に影響を及ぼすためでしょう」

しばらく休みを取っていないようであれば、体のためにもゆっくり休養してみては。

6.月経周期

厳密にいえば、「自分で意識して行っていること」とは異なりますが、女性のホルモンは毎日、いえ毎時間変化しています。ミトラ博士によると、生理中と終了直後に不快感を感じている女性は大勢いるのだそう。これは、生理期間になるとエストロゲンのレベルが自然に下がるためなのだとか。また、この時期は膣カンジダや細菌性膣炎が出やすいときでもあるそうです。

7.経口避妊薬

避妊薬を少しの間でもお休みして、女性器を休養させようと考えたことはありますか? ホルモンのレベルはおりものや細菌数に影響をあたえるため、ピルも性器の健康に大いに関係するそう。たとえば、ピルでおりものが増えるという女性もいれば、むしろいつもよりあそこが乾くという人、また膣の不快感が減るという人もいます。体質はそれぞれ違い、とても個人的なものですから、避妊ピルが自分の体にどう影響するか、よく観察してみましょう。

また、あるピルが影響したからといって、すべての原因がそれとは限らないので気をつけて。成分もさまざま、いろんなチョイスがあります。

8.セックス

わたしは毎日…というラッキーな人も、ときどきな人も、お相手がペニスを持つ人の場合は特に、セックスは膣に大きな影響を与えます。ミトラ博士によると、「コンドームなしでセックスして、パートナーが膣内で射精した場合、精液によって刺激をともなう不快感を覚える女性もいます。精液が膣内のpH(水素イオン指数)を変える場合があるほか、免疫系の反応も変化させることもわかっています。セックスの後に膣カンジダや細菌性膣炎を起こす人がいるのは、これが理由かもしれません」

幸い、簡単な予防法があるようです。「たとえコンドームをしていても、あるいは射精がともなわなかったとしても、セックスの後には必ず排尿すること。セックスによって細菌が膣のすぐ近くにある尿道に達して活動することがあり、それが尿路感染症につながることもあるのです」とミトラ博士。

9.セックストイが不潔

セックストイを日常的に使う場合もたまに利用する場合も、必ず毎回、それも使用前と使用後に洗うべきだそう。

ほとんどのセックストイ(シリコンやガラス、ステンレスなどで作られていることが多い)は、一般的な洗剤と水できれいにすることができます。でも、くれぐれも優しく、無駄な刺激を引き起こしにくい、無香料のマイルドな洗剤を使うのが好ましいそう。洗剤がトイに染み込み、かゆみなどを引き起こすことが内容に、洗剤を使ったらていねいに水で流しましょう。

また、しまうときは袋か箱の中に入れて、ちりやホコリがつかないようにするのも大切です。

そして、あそこの健康には影響しないのが…

下着をつけて眠るとデリケートゾーンが窮屈では、と感じる人もいるようですが、ショーツをつけて寝るのは問題ないのだとか。ただし、日中同様、快適な、通気性の良い素材のものを選ぶのが良いそう。

「外陰部を水洗いするのはかまいませんが、膣内まで洗わないようにしましょう」と、ミトラ博士はアドバイス。

膣にいつもと異なる様子があれば、すぐに専門医を受診しましょう。

また、性生活がアクティブな場合は、年2回ほど、定期的にセクシャルヘルスチェックを受けましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Noriko Sasaki (Office Miyazaki Inc.)

COSMOPOLITAN UK