農業県の岡山県であとを絶たない転落事故「恐怖の用水路」の実態

ざっくり言うと

  • 「農業県」を自称する岡山県で、用水路への転落事故があとを絶たない
  • 2013〜2016年間における救急出動は1562件、死者数は108人に上るという
  • 道路と並行した柵がないなどの特徴があり、事故を招きやすいとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング