文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日、緊急閣議を開き、日本政府が輸出管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定したことについて「問題解決に向けた外交的努力を拒否し、事態を一層悪化させる非常に無謀な決定」と批判し、「深い遺憾」を表明した。

 文大統領は「日本が外交的解決策を提示し、行き詰まりの道に行かないよう警告する。問題解決のため向き合おうとの韓国政府の提案を日本政府は最後まで受け入れなかった」と批判した。

 また、日本が「一定の期限を定めて状況をこれ以上悪化させずに、交渉の時間を持つことを促した米国の提案にも応じなかった」と指摘。「韓国政府と国際社会の外交的解決努力を無視し、状況を悪化させてきた責任が日本政府にあることが明確になった以上、今後起こる事態の責任も全面的に日本政府にある点をはっきりと警告する」と述べた。