元NGT48・山口真帆

写真拡大

 5月に大手芸能事務所・研音へ移籍した元NGT48の山口真帆の初仕事が決定。24歳の誕生日となる9月17日に自身初となる写真集を発売することを、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、撮影は7月に都内で行われ、24歳を迎える山口のありのままの素顔を詰め込み、自身初となる下着姿にも挑戦。

 1日からは公式ファンクラブもスタート。同事務所の公式ホームページでは新しく撮り下ろした宣材写真も公開されている。

 現在は女優デビューに向けて、演技や発声のレッスンに励んでいるという。

 「研音はブッキング力があるので、山口をドラマや映画に押し込むのは簡単なこと。ただ、本人の“実力”が伴っていないと次に呼ばれることはないので、慎重に育てているはず」(芸能プロ関係者)

 山口といえば、昨年12月、自宅を訪れた男性ファン2名から暴行被害を受け、加害者2人は逮捕されたものの不起訴に。

 そのことを山口が今年1月にSNSで告白し、大騒動に発展。NGTの運営会社であるAKSが、加害者2人に損害賠償を請求する民事裁判が行われているが、その件について各スポーツ紙はまったく触れていなかった。

 「研音としては、せっかく知名度がある山口を獲得したので、うまく売り出したいが、事件を引きずっていてはマイナスイメージなので、早くそのイメージを払拭したいようだ。今後、本人にその件を聞くのもNGになりそう」(ワイドショー関係者)

 ファンクラブには、NGT時代からのファンのかなりの人数の加入が見込まれるが、どうやら今後も、“アイドル路線”で売り出しそうだ。

 「物販でのかなりの売り上げが見込めるのでは。女優業をこなしつつ、ファンとの交流イベントなどを頻繁に開催すれば、それなりに稼げそう」(芸能記者) グループ時代は不遇だった山口だが、明るい未来になりそうだ。