映画『キャッツ』人気ミュージカル作品ハリウッド実写化、トム・フーパー監督×スティーヴン・スピルバーグ

写真拡大

人気ミュージカル「キャッツ」がハリウッド実写映画化。映画『キャッツ』として2020年1月24日(金)に公開される。トム・フーパー監督作。

「キャッツ」とは?

「キャッツ」は、1981年のロンドン初演以来、世界中で愛され続けているミュージカル作品。ノーベル文学賞を受賞したイギリスの詩人 T・S・エリオットの詩集をもとにした物語は、タイトル通り“ネコ”たちが主人公。夜の都会のごみ捨て場を舞台に、個性豊かなネコたちが歌とダンスを繰り広げていく。

「オペラ座の怪人」などで知られるアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を、舞台「レ・ミゼラブル」のキャメロン・マッキントッシュがプロデュースを担当するなど、ミュージカル界の巨匠たちがタッグを組んだ“奇跡”の作品としても知られている。

豪華キャストが“キャッツ”のメンバーに

そんな時代を超えて愛される名作が、豪華キャストを迎えて実写化。

英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワードが、白猫のヴィクトリアを演じるほか、コメディアンや司会者として人気を集めるジェームズ・コーデン、第79回アカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソン、グラミー賞10度の受賞経験を持つテイラー・スウィフトなど、多彩なジャンルで活躍する著名人たちが“キャッツ”の一員となる。

現代のCG技術によって、“毛むくじゃら”の姿に変身した彼らのビジュアルに注目だ。

日本語吹き替え版もチェック!

また合わせてチェックしたいのが、日本語吹替え版を担当する豪華メンバー。葵わかな、山崎育三郎をはじめ、ロバートの秋山竜次、大竹しのぶ、山寺宏一ら多彩な顔触れが並ぶ。なんと今回全世界で吹替え版製作を許可されたのは、日本を含め二か国のみ。厳しい基準を潜り抜けた、実力派キャスト達の歌声も、是非シアターで堪能してほしいところだ。

<主要キャッツ>

ヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード /CV:葵わかな)…若く純粋で臆病な白猫であり、主人公。

マンカストラップ(ロビー・フェアチャイルド/CV:山崎育三郎)…ヴィクトリアを秘密の世界へ導く、猫たちのリーダー。

グリザベラ(ジェニファー・ハドソン/CV:高橋あず美)…かつては絶世の美しさで愛された猫。名曲「メモリー」を歌いあげる。

バストファージョーンズ(ジェームズ・コーデン/CV:秋山竜次)…リッチでふとっちょ、そして紳士的な猫。

ミストフェリーズ(ローリー・デヴィッドソン/CV:森崎ウィン)…マジックが得意で、とっても気弱な猫。

スキンブルシャンクス(スティーブン・マックレー/CV:大貫勇輔)…働きもので、鉄道を愛するみんなの頼れる駅長。

オールドデュトロノミー(ジュディ・デンチ/CV:大竹しのぶ)…猫たちの偉大な長老。新しい人生を得る一匹の猫“ジェリクルキャッツ”を選ぶ。

ラム・タム・タガー(ジェイソン・デルーロ/CV:Official髭男dism 藤原聡) …その美声とダンスで全ての猫を虜にする、自由奔放でワイルドな猫。

<一癖あるキャッツたち>

マキャヴィティ(イドリス・エルバ/CV:山寺宏一)… 神出鬼没で恐ろしい力を持つお尋ね者の猫。

ボンバルリーナ(テイラー・スウィフト/CV:RIRI)…マキャヴィティと行動を共にする妖艶な雌猫。

ガス(イアン・マッケラン/CV:宝田明 )…かつては劇場の大スター。過去の栄光を懐かしむ老猫。

ジェニエニドッツ(レベル・ウィルソン/CV:浦嶋りんこ )…昼間はぐうたら。夜は元気なおばさん猫。

マンゴジェリー&ランペルティーザ(ダニー・コリン/CV:宮野真守 、ニーヴ・モーガン/CV:沢城みゆき) …イタズラ好きで盗みのプロ。 悪名高きコソ泥カップル猫。

キャッツの生歌による名曲

またミュージカル版の名曲「メモリー」など、豪華キャストたちによる歌のセッションを、大スクリーンで楽しめるのも本作の魅力。作品を彩る歌の数々は、実際に生歌で収録することにこだわったという。

テイラー・スウィフト&アンドリュー・ロイド=ウェバーが新曲を共同制作、ゴールデングローブ賞にノミネート

映画の中には、本作の為に創られた新曲も。“キャッツ”の一員であるテイラー・スウィフトと、映画の作曲を手がけるアンドリュー・ロイド=ウェバーが「Beautiful Ghosts」を共同制作した。この曲は第77回ゴールデン・グローブ賞のベスト・オリジナル・ソング賞(映画部門)にノミネート。劇中では主人公ヴィクトリアが歌い、エンドクレジット版をスウィフトが歌う。

トム・フーパー監督×スティーヴン・スピルバーグ

監督を務めるのは、『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』など数々の名作を生み出してきたトム・フーパー。またスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるほか、ブロードウェイ版「キャッツ」でも振付を担当したアンディ・ブランケンビューラーが本作の振付を担当。そして映画『レ・ミゼラブル』のスタッフが再集結することが決定している。

【詳細】

映画『キャッツ』
公開日:2020年1月24日(金)全国ロードショー
監督:トム・フーパー
脚本:リー・ホール、トム・フーパー
製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、スティーヴン・スピルバーグ、アンジェラ・モリソン、ジョー・バーン
原作・原案:T.S.エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー
キャスト:ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン、フランチェス カ・ヘイワードほか
日本語吹替え版キャスト:葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、森崎ウィン、大貫勇輔、大竹しのぶ
ほか

<ストーリー>
満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで出会ったのは個性豊かな”ジェリクルキャッツ”たち。ぐうたらな猫、 ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫…様々な出会いの中でヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。そ して今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。一生に一度、一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。

ムビチケ情報

・キラキラチケットホルダー付ムビチケ前売券 1,400 円(税込)
※特典が無くなり次第ムビチケ前売券(カード)のみの販売となる。
※色は選べない。


[写真付きで読む]映画『キャッツ』人気ミュージカル作品ハリウッド実写化、トム・フーパー監督×スティーヴン・スピルバーグ

外部サイト

  • 2020年映画化される人気TVドラマ&アニメ、ブロードウェイ・ミュージカルを一挙に紹介
  • ディズニー映画『ライオン・キング』実写化へ - ジョン・ファヴロー監督、ビヨンセら出演
  • ディズニーが往年の名作アニメや童話を実写映画化 - 過去の作品から新作まで網羅