ディープインパクトが死んだ。

 以前から首の痛みの治療中だったが、7月30日の朝の検査で頚椎(けいつい)に骨折が見つかり、回復不能と判断されたことから、安楽死の処置が取られたという。

 人間にたとえれば、まだまだ働き盛りの50〜60代に相当すると言われる17歳。同じ三冠馬のシンザンは35歳まで生きたし、そこまでいかなくとも、20代半ばと言われるサラブレッドの平均寿命と比較しても、「早すぎる死」だった。

 2002年生まれで、史上6頭目の三冠馬。2006年の有馬記念で引退するまで、14戦12勝という成績を残した。

 2007年から種牡馬となると、ここでも期待にたがわぬ大活躍。2012年から7年連続でリーディングサイアーに輝き、父サンデーサイレンスの跡を継ぐ”ディープインパクト時代”を築き上げた。

 現役時代も、種牡馬となってからも、ディープインパクトが残した偉業は枚挙にいとまがない。


無敗のまま、史上6頭目の三冠馬となったディープインパクト

 けれども、本当の偉業はむしろ、そのような数字などでは表わせないところにある、と言えるのではないだろうか。

 ディープインパクトの現役時代、すべてのレースで手綱を取った武豊騎手は「私の人生において特別な馬」というコメントを残した。

 同じく、私たちファンにとっても、ディープインパクトは「特別な馬」だった。

 スピード、切れ味、レースぶり……そのいずれにおいても、ディープインパクトは真の”最強馬”を実感させてくれた。

 極上のサラブレットとはかくあるべし、という、その「かくあるべし」を次から次へと現実にして見せたのだ。

 ディープインパクトが現われる前と後では、多くの競馬ファンの”最強馬”のイメージが変わったに違いない。ディープインパクトの出現によって、多くの人がそれまで抱いていた”最強馬”のイメージを上書きした。

 つまり、ディープインパクトは”最強馬”の領域を、さらに一段高い次元へと広げたわけで、その点において、とりわけ稀有な存在なのだ。

 とはいえ、ディープインパクトは生まれながらにして、周囲の期待を一身に集めていたわけではない。

 2002年に行なわれた当歳時のセレクトセールで、サンデーサイレンス産駒の牡馬は14頭落札されたが、そのうち、ディープインパクトの落札額は上から9番目だった。しかも、サンデーサイレンス産駒なら1億円超えは当たり前という時代にあって、7000万円(税別)でしかなかった。

 だが、のちにこのことが、ディープインパクトにとっては「幸運だった」という話を、生産牧場であるノーザンファームに取材で訪れた際、聞いたことがある。

 ディープインパクトの特徴は、サラブレッドにしては小柄で華奢なことだ。そのため、スタッフが「本当は牝馬ではないか?」と疑ったというエピソードもある。蹄(ひづめ)も薄く、一生懸命走るとすぐに血だらけになった。

 デビュー前の評価は、ひと言で言って「小さくて虚弱」。ゆえに、同期の馬たちと同じようには調教メニューをこなせなかった。

 同期の馬たちが、デビューを目指して牧場の坂路コースを駆け上がっている頃、ディープインパクトは1頭だけ、自分の体を大きくするための地道な体力作りに専念しなければならなかった。

 やがて2歳の夏。同期の馬たちが次々とデビューを果たしていく。だが、ディープインパクトは、まだ牧場にいた。

 秋になって、ようやく栗東トレセンの池江泰郎厩舎に入厩するが、デビューまでには、さらに3カ月ほど待たなければならなかった。

 以前の取材時、「実は(ディープインパクトは)もっと早い段階でデビューさせようと思えばさせられた」という話も、ノーザンファームのスタッフに聞いた。

 そのスタッフは続けて、「もし、ディープインパクトがもっと値段の高い期待馬で、しかも、あの厩舎で、あのオーナーでなかったなら、おそらく見切り発車でデビューしていたのではないか」とも言っていた。

 しかし、みんなが”待った”。

 いつか、機は熟す。その時を信じて、待った。

「今思えば、あの時、みんなが”待った”ことが、ディープインパクトをあれだけの馬にしたのかもしれません」

 牧場スタッフがしみじみと言ったそのひと言が、筆者は今も忘れられない。

 競馬には”待つ”ことも必要で、”待つ”ことによって、大きなミラクルを生むこともある。

 そこに、競馬の奥深さの一端を垣間見た気がした。

 ディープインパクトには、本当にさまざまなことを教わった。

 牧場スタッフによれば、その最期は「観念したように、苦しまず、静かなものだった」という。 合掌――。