夏の暑い時期に食べたくなるものというと、冷たいものや、辛いものなどがあると思います。旬を迎えた野菜も美味しく、「ゴーヤ」もまた食べたくなる食材のひとつではないでしょうか。

栄養価が高く、ビタミンCや食物繊維、鉄分など、暑さでダメージを負ったカラダに必要な成分をたくさん含んでいます。独特の食感と苦みがクセになるという人も多いはず。暑さで食欲があまりないという時にもぴったりの野菜です。

そこで今回は、ゴーヤが好きな人もそうでない人も、いくらでも食べたくなってしまうような苦さ控えめで食べやすい「無限ゴーヤ」の作り方/レシピをご紹介します。

お弁当のおかずやお酒のおつまみに!

「無限ゴーヤ」の作り方/レシピ

Photo: 大崎えりや

▼材料(1〜2人分)

ゴーヤ……1本塩……小さじ1/2サラダ油……大さじ1ツナ缶(小・オイル漬け)……1缶醤油……小さじ1卵……1個

▼作り方

STEP1.

ゴーヤは半分に切り、わたを取ってごく薄くスライスし、ボウルに入れて塩でよくもむ。

Photo: 大崎えりや

STEP2.

そのまま10分置いて出てきた水分を捨てる。

Photo: 大崎えりや

STEP3.

フライパンに油を入れて熱し、STEP2.のゴーヤを入れて炒める。

Photo: 大崎えりや

STEP4.

火が通ってきたらツナ缶を油ごと加え、さらに炒め、醤油を回しかける。

Photo: 大崎えりや

STEP5.

卵を割り入れ、白身と黄身がしっかり混ざるように炒め、火が通ったら出来上がり。

Photo: 大崎えりや

「無限ゴーヤ」がほどよい苦味で美味しいわけ

ゴーヤは、塩もみすることで苦みが軽減されます。

これは、苦みの元とされる「モモルデシン」という成分が、水分と一緒に抜け出るため。ですから、苦みが苦手という方は、ぜひ塩もみをきっちりしてみてください。

ゴーヤの緑と、卵の黄色が鮮やかな、夏らしい一品。

ゴーヤの苦みが、卵でまろやかに緩和されて、とても食べやすくなっています。さらにツナの旨みが効いていて、食べるほどにもっともっと欲しくなる。半永久的に食べ続けたくなる、まさに無限ゴーヤの称号に相応しいメニューです。

ごはんのおかずにして食べれば、お替わりは必至。お弁当に入れれば、お昼が待ち遠しくなるでしょう。お酒にも合い、ビールのおつまみにすると、つい飲みすぎて自分の許容量を上回ってしまうかも…。

いくら食べても飽きが来ず、クセになる「無限ゴーヤ」の魅力をどうぞご堪能ください。

あわせて読みたい

生のまま刻んで混ぜるだけ、オクラのあえもの3レシピ

ゆでた枝豆にさやごと絡めるだけ! ビールがすすむ簡単アレンジ3種

「ピリッと旨辛」「まったり味噌バター」「ネバネバつるり」簡単うどんレシピ3品

さっぱり美味しい「レンジ蒸しなす」レシピ3つ。油を使わずダイエットにも

レシピ・文/オガワチエコ

料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)『スティックオープンサンドの本』などがある。

Photo: 大崎えりや