モテない自分とお別れ。男性に「モテる女子」のシンプルなモテワザ

写真拡大

モテを意識したテクニックは、用途によって色々ありますが、たくさんありすぎて分からなくなりますよね。最初から難しいテクニックを使ってもダメ。まずは、シンプルな基本となることをマスターしましょう。そこで今回は、男性に「モテる女子」のシンプルなモテワザを紹介していきます。

(1)笑顔

『美人で愛想がない子より、美人じゃなくても笑顔が可愛いほうが好き』(32歳/金融) モテを意識するなら、「笑顔」は基本中の基本。「笑顔」が多いと、自然と明るい雰囲気になり楽しかった印象を残します。 また、話している相手に「笑顔」が多いと、自分がその女性を楽しませていると思うので、自信にも繋がるもの。話す時や目が合った時、挨拶する時は「笑顔」を意識しましょう。

(2)聞き上手

『会話が盛り上がると、また会いたいなって思う』(29歳/商社) 男性と会話で盛り上がることは、モテを意識するなら大事なこと。会話で距離を縮め、盛り上がることでもっと一緒に話していたいと思わせるもの。 そのためには、話し上手であるよりも聞き上手のほうが、男性に楽しかった印象を残せます。聞き上手になるには、まず相手の話に興味があるように聞くこと、そして相槌はもちろん質問などを織り交ぜましょう。

(3)受け取り上手

『頼られてるみたいで嬉しい』(27歳/営業) 男性がなにか手を差し伸べてくれた時、きちんと受け取ることが大事。例えば、「手伝おうか?」や「荷物持とうか?」と言われた時、「悪いからいいよ」と遠慮されるとガッカリするもの。 モテ女子は、こういった男性からの厚意を受け取ることが上手です。悪いからと遠慮するのではなく、「ありがとう」と笑顔で受け取るようにしましょう。

(4)目を見て話す

『見つめて話されるとドキドキする』(26歳/SE) 相手が目を見て話してくれると、好意的に感じるもの。話している時に、目が合わないと「嫌がっているのかな?」「興味ないのかな?」と思われることもあります。 モテを意識するなら、話をする時に相手の目をしっかり見て話すことが大事。目が合えば、自分に興味があると感じドキドキするので、好印象になりますよ。 シンプルなことなので、少し意識するだけで使えるテクニックですよね。この基本さえ出来ていれば、難しいテクニックを使わなくても相手に好印象を与えられます。出来ることから取り入れてみて下さいね。(恋愛jp編集部)