特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」大阪・国立民族学博物館で、人魚・龍・天狗のアートや民族資料

写真拡大

特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」が、大阪・国立民族学博物館にて開催される。期間は2019年8月29日(木)から11月26日(火)まで。

世界の霊獣・幻獣・怪獣が集結

特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」は、世界の霊獣・幻獣・怪獣を、絵画、書籍、民族資料など約630点の資料と共に紹介する展覧会。

ヨーロッパや中東では、犬頭人、一角獣といった不可思議ではあるが実在するかもしれない“驚異”が、自然誌の知識の一部として伝えられてきた。また、東アジアでは、奇怪な現象や異様な物体を説明しようとする心の動きが“怪異”を生み出した。

この展覧会では、そんな常識や慣習から逸脱した「異」なるものをめぐる人間の心理と想像力の働き、言説と視覚表象物の関係を解明するとともに、人間の想像力と環境の相関関係を探っていく。

人魚、龍、天狗などを紹介

展示構成は第一部と第二部からなる。第一部「想像界の生物相」は、国立民族学博物館の民族資料を中心とした展示品から、“想像界の生物多様性”を垣間見ることができる内容。人魚、龍、河童、天使、天狗、獅子、狼男といった想像界の生物たちを、「水」「天」「地」の3つのカテゴリーに分類して解説する。

現代アーティストによる作品も

第二部「想像界の変相」は、「聞く」「見る」「知る」「創る」といった4つのカテゴリーで“驚異と怪異”の文化史を辿る。注目は現代のクリエイターたちが「創る」、空想上の妖怪やモンスターにまつわる作品。ヤン・シュヴァンクマイエル、江本創などによるアートや、五十嵐大介のマンガ、ゲーム「ファイナル・ファンタジーXV」の映像などが展示される。

【詳細】
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」
会期:2019年8月29日(木)〜11月26日(火)
※期間中一部展示替えを行う。
会場:国立民族学博物館 特別展示館
住所:大阪府吹田市千里万博公園10-1
TEL:06-6876-2151(代表)
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:水曜日
観覧料:一般 880円(600円)、大学生450円(250円)、高校生以下 無料
※本館展示も観覧可能。
※( )内は、20名以上の団体、大学等(短大・大学・大学院・専修学校の専門課程)の授業での利用、リピーター、満65歳以上の料金。


[写真付きで読む]特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」大阪・国立民族学博物館で、人魚・龍・天狗のアートや民族資料

外部サイト

  • 「サクラ大戦〜松原秀典原画展〜」東京&大阪で、帝都花組や巴里花組はじめ人気キャラの原画集結
  • 梅田・中之島周辺の最新イベント&おでかけスポット - 美術館、ホテル、レジャー情報
  • 〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール