イメージ

株式会社ドワンゴは、動画配信サービスniconicoアプリについて、今後のバージョンアップの予定を発表している。

niconicoアプリの今後のテーマは「動画視聴機能を中心としたアプリ」。そのため、生放送視聴機能は分離してniconicoアプリとしての機能拡充を図る。

追加予定機能は、「1080p動画視聴」「シークバー上に該当シーンのサムネイルを表示」「スキップ秒数変更機能」「再生リスト機能」「マイページ関連機能追加」となっている。

また、生放送およびタイムシフト視聴機能が移管される「ニコニコ生放送アプリ」は、最大3Mbpsの高画質視聴や視聴中の画質切り替え、応援したい放送者への「ギフト」贈呈、視聴者と放送者のゲーム対戦、見逃しシーンへの戻って視聴(追っかけ再生)、タイムシフト番組を途中まで再生した際、あとで続きから視聴可能(レジューム再生)、タイムシフト番組で、2.0倍速〜0.25倍速まで再生速度を変更可能、生放送配信、といった機能を持つ。


イメージ

移管スケジュールは、2019年8月に「有料生放送視聴機能をニコニコ生放送アプリへ移管」、2019年10月に「タイムシフト視聴機能をニコニコ生放送アプリへ移管」、2019年12月に「生放送視聴機能をニコニコ生放送アプリへ移管」となっている。

発表資料
URL:https://blog.nicovideo.jp/niconews/114761.html
2019/07/30