愛情感じるなぁ…男性が「彼女の愛を感じる」4つの瞬間

写真拡大

お付き合いしていても、彼が好きでいてくれるか不安に感じる時がありますよね。それと同様に彼が不安を感じていないか、好きなことが伝わっているか心配になることありませんか?男性は、どのような時に愛を感じるのか気になりますよね。そこで今回は、男性が「彼女の愛を感じる」4つの瞬間を紹介していきます。

(1)料理してくれる時

『朝ごはんとか作ってくれる時かな』(28歳/アパレル) 自分のために料理をしてくれることに、愛情を感じているみたい。早起きして朝ごはんを作ってくれたり、栄養を考えて料理してくれたりすると、愛されていると強く感じます。 尽くす形で料理をするのではなく、彼のことを思って作ることが大事。手の込んだ料理ではなくてもいいので、たまには彼が喜ぶモノを作ってあげましょう。

(2)看病してくれる時

『病気の時に駆けつけてくれると、愛されてるなって実感する』(30歳/商社) 病気の時は、心も体も弱っているので、彼女の看病が心強く感じるもの。親身になって看病してくれることに、愛情を感じているみたい。 1人暮らしの男性にとって、病気の時に頼れるのは彼女なので、看病してくれると大事な存在だと再確認。ただし病気の時は1人でいたいという男性もいるので、彼のタイプによってどこまでサポートするか決めてくださいね。

(3)ヤキモチを焼かれた時

『何も心配されないより、少しはヤキモチ焼いて欲しい』(26歳/営業) 過度な束縛やヤキモチは重い女認定をされますが、何も心配されないも寂しいもの。可愛らしいヤキモチなら、むしろされたいという男性は多いです。 気にしてくれることは好きな証拠なので、愛されていると実感。束縛にならない程度に、少しはヤキモチも必要かも。

(4)そっとしてくれる時

『余裕がない時は、彼女まで気がまわらなくて悪いなとは思うけど、そんな時はそっとしてくれるので有難い』(33歳/不動産) 男性は、時に1人でじっくりと考えたい時があります。疲れている時や弱っている時なので彼女としては心配になり、干渉したくなりますよね。 しかしそこをグッと我慢して、そっとしてくれることに愛情を感じるもの。信頼関係がないと、そっとしておくことは難しいので、それだけ信じてくれていると安心します。 彼が愛されていないと不安に感じているかもと思うなら、行動で示してあげるのも大事。もちろん言葉で伝えてあげることも必要ですよ。お互い、愛されている実感が持てる信頼関係を作っていくことが長続きの秘訣です。(恋愛jp編集部)