クレンジングで化粧を落とした肌を化粧水でアフターケアしたい。夏のほてりがちなお肌をローションでひんやりさせたい!お風呂上がり、おやすみ前のお顔のお手入れ、乳液、保湿剤でリラックスして寝たい〜!夏こそこだわりたい基礎化粧品。マツモトキヨシの人気商品を、マツモトキヨシ銀座みゆきAve.店の薬剤師、内田由佳さんから教えてもらいました。

教えてくれた人:内田由佳さん。薬剤師歴15年。健康法は「よく食べる、よく休む、散歩する」という健康人。

夏でもしっかり「うるおい成分」をチェック!

「夏はつい保湿をおこたりがちですが、クレンジングでUV剤や化粧をしっかり落としたままだと乾燥の原因になり、お肌が夏バテしてしまいます。寝る前に、お気に入りの化粧水や保湿剤でお肌のお手入れをすれば、リラックスして眠れるかもしれません」(内田由佳さん)。マツキヨおすすめの基礎化粧品はこちら。

ひんやりとろみがスーッ「DEW ジェリーローション」(カネボウ)

*「マリンフローラルの香り」は限定商品です

「DEW ジェリーローション」(カネボウ)

年々深化を遂げるローション、化粧水。今年はひんやり系。おすすめはこちら。カネボウのDEWシリーズは濃密なとろみ、ハリのある肌感のアピールしたブランドで、これは、ひんやりしたとろみが心地いいジェリータイプ。プルンとしたみずみずしさは夏にぴったり。特に「マリンフローラルの香り」は限定商品ということもあって大人気だそうです。(商品はなくなり次第終了。)

睡眠中にしっかり浸透「インストリームナイトシールドジェル」(コーセー)

「インストリームナイトシールドジェル」(コーセー)

睡眠中はお肌の修復作業が行なわれる大事な時間。これは“塗って寝るだけ”の睡眠美容ジェルで、週に2〜3回、夜のお手入れの最後に使う基礎化粧品です。保湿成分としてゴールデンカモミールエキス、ラベンダーオイル、コラーゲンの素になる成分も複数配合されています。香りもよいので、おやすみ前に気分をリラックスさせてくれそうです。睡眠不足気味の方、成長ホルモンがもっとも分泌するとされる“ゴールデンタイム”に眠れていない方にもおすすめです。

オーガニック素材の定番「アルジェラン モイストローション」(マツモトキヨシオリジナル)

「アルジェラン モイストローション」(マツモトキヨシオリジナル)

マツモトキヨシのオーガニック素材PB「アルジェラン」の人気ローションです。有機のアロエベラ液汁が保湿ヴェールを形成し、うるおいをお肌から逃がしません。ほのかなラベンダーとオレンジの香り。詰め替えもあって、コスパ的にもおすすめです。

ターンオーバーを整えよう「ブランホワイトクリアローション」(マツモトキヨシオリジナル)

「ブランホワイトクリアローション」(マツモトキヨシオリジナル)

こちらもマツモトキヨシの美白系のオリジナルブランドです。古い角質を除去して、肌本来の透明感を引き出す、ふきとりタイプのローション。美白の有効成分としてアルブチンを、保湿の有効成分としてアルニカエキス・ビタミンC誘導体・ガジュツエキス・ヒマワリ種子エキスを配合した医薬部外品です。

うるおい成分が深〜く浸透「レチノタイム ディープケアエッセンスEX」(マツモトキヨシオリジナル)

「レチノタイム ディープケアエッセンスEX」(マツモトキヨシオリジナル)

マツモトキヨシのエイジングケアブランド「レチノタイム」の人気の1本は、うるおい成分をたっぷり配合した美容液です。グリセリン、スクワランなどの保湿成分が乾いた肌にうるおいを行き渡らせます。さらに、うるおいを角質層の奥深くまで浸透させ、ダメージを受けにくいお肌に。エイジングケア世代に人気の高い商品ですが、夏こそしっかりエイジングケアをしていただきたいです。

☆☆☆

紫外線によるダメージ、汗、皮脂のこまめなふきとり。夏のお肌にはけっこうな負担がかかっています。この季節、きちんとケアしておくことでお肌の夏バテも予防できます。自分に合った基礎化粧品との出会いを求めて、新しい商品にもトライしてみましょう!

夏こそローション! たっぷり使って肌をいたわって!

*写真内の価格はすべてマツモトキヨシ銀座みゆきAve.店(6月時点)