【クイーンS】川田「洋芝も合う」ミッキーチャームが得意の北海道で重賞勝ち!

写真拡大 (全2枚)

 7月28日、札幌競馬場で行われたG3・クイーンステークス(3歳上オープン・牝・芝1800m)は、洋芝を得意としているミッキーチャームが快勝。この勝利で札幌、函館で4勝と得意の舞台で安定した走りを見せた。

クイーンステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 ミッキーチャーム
川田将雅騎手
「無事に競馬を終えることが出来て何よりです。(道中4番手からの位置取りは作戦通りですか?)この枠になった時点で、内の馬の様子を見ながら行くしかないかたちになりますので、1コーナーまでも距離が短いですから、その中でリズムよく取れた位置がここでした。終始しっかりと我慢したうえで、競馬を進めてくることが出来ましたし、手応えのすごく良い状態で4コーナー回ってこれたので本当に良い雰囲気で加速しながら直線向くことが出来たなと思います。テンションはどうしても高いところはあるんですけど、それでも輸送を比べれば、輸送がない北海道はだいぶ落ち着いてくれていますし、身体も増えていましたし、洋芝も合うんでしょうし、色んな条件がこの馬にとって北海道が合うんだろうなと思います。性格の難しい馬なので毎回安定して能力を出すということがなかなか難しいところではあるんですけど、こうやって北海道では安定して走ってくれるので良い条件の下、また競馬が出来ればなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 28日、札幌競馬場で行われた11R・クイーンステークス(G3・3歳上オープン・牝・芝1800m)で1番人気、川田将雅騎乗、ミッキーチャーム(牝4・栗東・中内田充正)が快勝した。クビ差の2着にスカーレットカラー(牝4・栗東・高橋亮)、3着にカリビアンゴールド(牝5・栗東・鮫島一歩)が入った。勝ちタイムは1:47.0(良)。

 2番人気で三浦皇成騎乗、フロンテアクイーン(牝6・美浦・国枝栄)は、7着敗退。

【クイーンS】武豊「向こう正面まで力んでいた」エイシンティンクルは伸びてくるも5着

ディープインパクト産駒 ミッキーチャーム

 ミッキーチャームが人気に応えて重賞2勝目を飾った。スタートから積極的に先行し、終始手応え良く勝負どころを迎えると、直線入り口で早くも先頭に。後続にセーフティリードを取りそのまま押し切ってゴールした。この勝利で札幌、函館合わせて計4勝。洋芝適性も高く、着差以上の強さを見せつけた。

ミッキーチャーム 11戦5勝
(牝4・栗東・中内田充正)
父:ディープインパクト
母:リップルスメイド
母父:Dansili
馬主:野田みづき
生産者:三嶋牧場

【全着順】
1着 ミッキーチャーム
2着 スカーレットカラー
3着 カリビアンゴールド
4着 ウラヌスチャーム
5着 エイシンティンクル
6着 サトノガーネット
7着 フロンテアクイーン
8着 メイショウショウブ
9着 シャンティローザ
10着 フィニフティ
11着 ウインファビラス
12着 リンディーホップ
13着 リリックドラマ
14着 ダノングレース