東京・江東区のマンション建設現場で不発弾処理 37人が一時避難

ざっくり言うと

  • 28日、東京・江東区のマンション建設現場で不発弾の撤去作業が実施された
  • 区は半径100mを警戒区域として交通規制を敷き、37人が一時避難した
  • 区によると、不発弾は6月14日に発見されたもので、米国製の焼夷弾とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング