水泳の大橋悠依が世界選手権400M個人メドレーで銅メダルを獲得

ざっくり言うと

  • 28日、水泳世界選手権で女子400メートル個人メドレーの決勝が開催された
  • 200メートルの失格を乗り越え、大橋悠依が4分32秒33で銅メダルを獲得
  • 「目指していた結果とは違うが、前半から積極的な泳ぎができた」と微笑んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング