「過酷な状況で頼れる相棒になるアウトドアガジェット: FETISH IN MIRROR WORLD #7」の写真・リンク付きの記事はこちら

STREISAND 25L(NRUC)

“山屋”はわがままである。ウェアはもちろん、シューズやストック、テント──己の身を守るギアだからこそ、細部にこだわる。山行中、背負い続けるバックパックはなおさらだ。

ここ数年、アウトドアラヴァーの間では、ガレージブランドが定着しつつある。それは、マスプロダクトでは味わえないギミックを求めているからだろう。

「“無駄”を楽しむハイカーへ」を合言葉に、シンプルを突き詰めることで排除されがちな“無駄”の再構築を目論むNrucも、そのひとつだ。

すべてのプロダクトをひとりで製作するハンドメイドブランドとあって、バックパックはデザイナー自らが何度もフィールドテストを重ねながら微調整を繰り返し、プロダクトへと昇華させる。

この「STREISAND 25L」は、大きな荷室がひとつで、フロントとサイドに大小のポケットが配されたシンプルなモデルだ。

わざわざメインの荷室を開けることなく、フロントのポケットに羽織っていたアウターを無造作に押し込んだり、サイドのポケットにはデヴァイスの充電器や手帳などの細々としたものを入れたりと、タウンユースでも重宝するはずだ。

INREACH® MINI(GARMIN)

異常気象や災害と隣り合わせで暮らすわれわれにとって、山や海でのアウトドアアクティヴィティ中だけでなく、文明の行き届いた都市での生活のなかでも“遭難”する可能性は充分にある。

もし遭難してしまったら……己の知恵だけで乗り切るという時代ではない。備えあれば憂いなし。手のひらに載るほどの小ささの衛星コミュニケーター「INREACH® MINI」をバッグに忍ばせておくのはどうだろうか。

ガーミン史上最小の衛星コミュニケーターであるINREACH® MINIは、イリジウム衛星ネットワークを通して、現在地のトラッキングからメッセージ送受信、気象情報の確認、GPSによるナヴィゲーションまで可能となる。さらにはスマートフォンなどとペアリングすれば、地形図や航空画像にもアクセスできる。

そして緊急時には、24時間カヴァーするプロのグローバル監視センター「GEOS」にインタラクティヴにSOSを発信できる。訓練を受けたスタッフがデヴァイスを追跡し、メッセージで連絡を取り合いながら、必要に応じて最寄りのエリアをカヴァーする救助組織と連携して救助体制を整えるという“安心”を、手のひらサイズのデヴァイスで持ち歩くことができるのだ。

シリーズ:FETISH IN MIRROR WORLD(1)“耳触り”のいいデザインコンシャスなヘッドフォン(2)遊び心と美しさを兼ね備えた、空中を浮遊する電球(3)目にも身体にも“優しく”空気を整えるデオドライザー(4)自転車大国デンマークの矜持が宿るサイクルパーツ(5)クラシカルなデザインをまとったデジタルワークツール(6)クライマーたちの“わがまま”が生んだジャケット(7)過酷な状況で頼れる相棒となるアウトドアガジェット