ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 先週まで行なわれていた福島開催は、長い梅雨のおかげで最初から最後まで天候に悩まされて終わってしまいました。酷暑に苦慮した昨年と比べると、馬にとっては過ごしやすかったと思いますが、ジョッキーたちにとっては難しい状況だったのではないでしょうか。

 そして、今週末からは新潟開催が始まります。日本で一番長い直線を誇る、広々とした舞台です。北陸ではすでに梅雨明けが発表されましたから、いい馬場で、清々しい気候のなかでの競馬を楽しめることでしょう。

 その新潟開催の開幕週を飾る重賞が、今年で19回目となるGIIIアイビスサマーダッシュ(7月28日)です。直線・芝1000mで行なわれる国内唯一の重賞で、このレースに注目しているファンも多いのではないでしょうか。

 僕は現役時代、カルストンライトオで2度勝たせてもらったこともあって、このレースには特別な思い入れがあり、毎年楽しみにしています。最初に勝たせてもらった時の53秒7という勝ち時計が、今もコースレコードとして残っていることも、自らの関心度を高める要因になっているかもしれませんね。

 直線の芝1000m、いわゆる「千直」というレースは、見た目には真っすぐ全力で駆け抜けるだけの、とてもシンプルなレースです。しかしながら、実は駆け引きや作戦が非常に重要視されるレースなんです。ゆえに、千直がうまいジョッキー、そうでないジョッキーというのが、明確に分けられます。

 まず重要なのは、スタートです。そして、ゲートを飛び出してからのダッシュ力。千直に臨む馬は、基本的にその辺りに長所があると見込んで使われると思いますが、距離が短い分、とにかく出遅れは禁物です。相当な不利になることは間違いありません。

 ともあれ、スピードがあれば「勝てる」というわけでもありません。短い距離であっても、”道中のタメ”という要素はとても大切です。1000mだからといって、最初から最後まで全力で走り切ることはできませんからね。そのため、他馬の動きを見ながら、タメるタイミングと仕掛けるタイミングをうまく図っていくことが重視されます。

 このように、コースはシンプルでも、普通のレースにはない駆け引きが千直には必要です。僕は現役時代に多く勝たせてもらった舞台なので、乗っていても「楽しい」と感じるコースでしたが、千直に対する思いや印象というのは、ジョッキーによって異なるでしょうね。

 さて、今年のアイビスサマーダッシュですが、まず注目を集めるのは、春の新潟開催で千直2連勝を飾ったライオンボス(牡4歳)でしょう。同馬の存在によって、僕は「今年はいよいよ危ないかも……」と思っています。

「危ない」というのは、カルストンライトオが持つレコードタイムが、「ついに破られるのではないか……」ということです。

 何と言っても、ライオンボスの凄さは、時計の速さにあるからです。

 これまでに18回行なわれてきたアイビスサマーダッシュにおいても、53秒台の勝ち時計での決着は多くはありません。開幕週に施行時期が変わって、より時計が出やすい状況になっても、カルストンライトオの記録は破られなかったですしね。それだけ、千直における53秒台という時計には価値があると思っています。

 ところが、ライオンボスは決して「馬場がいい」とは言えない春の新潟、しかも最終週のオープン特別・韋駄天S(5月19日/新潟・芝1000m)で53秒9という勝ち時計をマークしました。これは、本当に凄いことだと思います。

 初めての千直、2走前の1000万下(現2勝クラス)・邁進特別(5月4日/新潟・芝1000m)で圧勝した内容も含めて、とんでもない”千直の申し子”が出てきたのではないか、と考えています。

 ひとつ気になるのは、斤量がこれまでの53圓ら56圓冒えることですが、まだまだ伸び盛りの4歳の牡馬。58圓59圓箸い辰申鼎ざ堽未鯒愽蕕Δ覆蕕箸發く、56堋度であれば問題はないでしょう。とにかく、最も注視すべき存在であることは間違いありません。

 新たな千直巧者の挑戦を受けて立つ立場となるのが、昨年の覇者ダイメイプリンセス(牝6歳)です。近走は結果が出ていませんが、1年ぶりの千直で変わってくる可能性は十分にあると思います。昨年は53秒8で勝っているので、時計面でも心配はありません。

 ライオンボスとの比較では、後方からレースを進めるタイプであることが、吉か凶か、どちらに出るかでしょう。前にいる馬を目標にできるのは強みですが、その分、馬群をさばく必要が出てくるので、先行馬に速い時計で押し切られてしまうと、手も足も出ないまま……という結果に終わることもあり得ますからね。

 その他ではやはり先行力のある馬、今年で3度目の挑戦になるレジーナフォルテ(牝5歳)や、前走でGIII函館スプリントS(6月16日/函館・芝1200m)を逃げ切った、江田照男騎手騎乗のカイザーメランジェ(牡4歳)らに興味が注がれます。いずれも、自分の力を出し切れば、チャンスが巡ってくると思います。

 最後に、今年のアイビスサマーダッシュの「ヒモ穴馬」ですが、カッパツハッチ(牝4歳)を取り上げたいと思います。同馬も先行力があって、千直への適性の高さを感じる1頭です。


「千直」の勢力図を塗り替えそうなカッパツハッチ

 ライオンボスの走りに注目が集まった前走の韋駄天Sにおいても、スタートからライオンボスと並走し、最後は4分の3馬身差の2着と奮闘。タイムも54秒0と、かなりの好内容だったと思います。

 ライオンボスと同じ4歳馬で、千直を初めて走ったのが今年の春、というのもライオンボスと同じです。まだまだ奥がありそうな雰囲気を感じていて、ライオンボスとともに千直の勢力図を一気に塗り替えていくのではないか、と期待しています。 斤量54圓箸いΔ里蓮他の有力馬と比べても有利に見えます。枠順(2枠3番)には恵まれませんでしたが、人気馬にあっと言わせるような走りを見せてほしいです。