横に居たくない…男が彼女に「デートでは着て欲しくない」服の特徴

写真拡大

デートの時はいつも以上に服装に気合いが入りますね。でも気合いが空回って男性に嫌がられてしまうこともあるようです。今回は男性が彼女に「デートでは着て欲しくない」服の特徴をまとめてみました。

(1)派手なカラー

『派手で奇抜なカラーのアイテムはあんまり好きじゃないな』(28歳/広告)カラーものを取り入れるとコーデは華やかになります。男性と会う時には積極的に取り入れる、という女性もいるのではないでしょうか?男性はパステル系の淡いカラーを好みます。ショッキングピンクやレッド、マスタードなどはちょっとキツく感じてしまうようです。小物使いにとどめると程よいのではないでしょうか。

(2)フリルやレースが多すぎ

『フリルやレースが多すぎるとぶりっこっぽくて苦手』(30歳/人事)女性らしさの象徴ともいえるフリルやレースは多用厳禁です。1アイテムだけにとどめないと、全体が「ぶりっこ」な印象になってしまうでしょう。主張が強いタイプのアイテムなので、他はベーシックなデザインと合わせるのがオススメ。またフリルやレースの種類も上品に見える程度を選びましょう。

(3)真っ黒

『全身真っ黒はちょっと怖い』(32歳/医師)オールブラックのコーデはとてもカッコいいですが、男性ウケは狙えません。男性の理想像と真逆といえます。ブラックは近寄りがたい印象を与えるカラーなので、男性も身構えてしまいます。できればホワイトやベージュ、ネイビー、パステルなどの明るい色味でコーディネートを完成させましょう。

(4)「こなれ」じゃなくて「手抜き」

『あきらかに手抜きしてるなぁ……ってコーデでデートに来られたら悲しい』(27歳/金融)やりすぎない「こなれ感」が主流の今、「こなれ」と「手抜き」が混同してしまうことがあります。「こなれ」はあえてハズすのであって、妥協はしていません。なので緩いシンプルなデザインであってもシルエットの細部まで追求しているでしょう。それに対して手抜きは妥協しています。「楽したい」という理由だけで省くと、自然とコーデに雑さが生まれるので、気づかれてしまうはずです。服装にはその人の性格が顕著に表れます。男性はコーデから無意識に内面を読み取っているともいえるでしょう。その分しっかりと気を配った時に得られるものも大きいですよ。(恋愛jp編集部)