本当に就職に強い大学ランキング。1位金沢工大、2位愛知工大、3位大阪工大

写真拡大 (全6枚)


大学の実就職率ランキングを見ると、工科系大学の強さが目立つ。3位には大阪工業大学がランクイン (写真:kunio/PIXTA)

文部科学省が集計している「大学生の就職率」は、近年の大学生の売り手市場を背景として、過去最高を記録し続けてきたが、「平成30年度大学等卒業者の就職状況調査(4月1日現在)」によると、2019年卒の就職率は、前年より0.4ポイント低い97.6%だった。

「実就職率」は大学院進学者除く卒業生が分母

調査対象校が62校と少ないうえ、就職希望者に対する就職率なので、実態より高くなる傾向にある。そのため、就職率が上限に近づき高止まりしているようだ。


一方、大学通信では、医学科と歯学科の単科大学を除く全大学を対象にし、卒業生数から大学院進学者数を除した学生をベースとして算出した実就職率(就職者数÷<卒業者数−大学院進学者数>×100で算出)を調査している。より実態に近い就職率が把握できるからだ。集計した全大学の実就職率は年々上がっており、2019年卒は前年を0.7ポイント上回る89.1%となった。

好調な就職環境が続く中、実就職率が高かった大学はどこか? 卒業者数1000人以上の大学を対象にした「大学実就職率ランキング」で比較してみよう。

大学生の売り手市場を背景に高まった実就職率をさらに伸ばすのは大変なこと。そうした中でも、ランキングのベスト10に入った大学の内、3年連続トップの金沢工業大学と5位の福井大学、前年の卒業者数が1000人に満たずランク外だった6位の安田女子大学を除き、すべて順位を上げている。その中でも伸びが最も大きかったのは、国際医療福祉大学で前年の29位から7位にジャンプアップしている。

上位には工科系大学が数多くランクインする傾向にある。背景には工科系大学の卒業生の多くが就職する製造業や建設業の求人数が多いことがある。それに加え、研究や論文執筆などを通して、「計画→実行→評価→改善」といった、いわゆる社会人に求められるPDCAサイクルを回す能力が身に付いている点も就職率が高くなる要因だ。

その視点から1位の金沢工業大学の取り組みを見ると、「問題発見→問題の明確化→アイデアの創出→アイデアの評価・選定→アイデアの具現化」をチームで行う、「プロジェクトデザイン教育」を必須としている。まさにPDCAサイクルを回すプログラムであり、高い実就職率のバックボーンとなっている。

ベスト10に入った工科系大学は、実就職率の上昇と連動して順位を上げており、2位の愛知工業大学が前年3位、3位の大阪工業大学が同4位、8位の芝浦工業大学が同10位からそれぞれランクアップした。

卒業者数が3000人を超える大規模総合大学ながら、前年の11位から9位に入った名城大学は、理工学部と共に、理工系と並んで就職状況が好調な農学部の定員規模が大きいことが高い実就職率の要因となっている。

昭和女子大など女子大3校がベスト10にランクイン

理工系以外の状況を見ると、ベスト10には昭和女子大学(4位)、安田女子大学(6位)、東京家政大学(10位)と女子大が3校入っている。

中でも昭和女子大学は、卒業生1000人以上の女子大の中では9年連続でトップを保持している。学科担当のキャリア支援センター職員を決め、学科やゼミの教員と連携して学生の状況を把握したうえで行うきめ細かな支援が奏功している。

こうした面倒見のよさが高い実就職率の要因となっているのは、ほかの女子大も同じだ。ベスト10圏外の女子大では、日本女子大学が前年の27位から17位に、京都女子大学が34位から26位に順位を大きく上げている。

国立大の状況を見ると、5位の福井大学が、この規模の国立大の中で11年連続のトップとなっている。国立大も工科系大学が強く、11位の名古屋工業大学や、21位の電気通信大学、25位の九州工業大学が上位に入っている。総合大学では20位に岐阜大学、28位に三重大学が入った。前出の福井大学も含め、経済状況が好調な名古屋を中心に就職する総合大学の実就職率が高くなっている。

難関国立大では一橋大学が30位と上位にランクインしている。ほかにランクインした大学には、74位の東京工業大学、95位の名古屋大学、124位の神戸大学、138位の大阪大学がある。

150位以内に入らなかった大学は、東北大学(実就職率84.6%)、北海道大学(同82.0%)、九州大学(79.0%)、京都大学(78.5%)がある。東京大学は現時点で公表されていない。こうしてみると、入試の難易度に実就職率が見合わない大学が多い。

研究者や起業、国家試験受験準備など、学生の進路が多様化しているのが背景にあり、難関大らしさとさえ言えそうだ。こうした傾向は私立大も同じで、早慶上智の内、慶應義塾大学が144位に入ったが、早稲田大学は実就職率83.9%、上智大学は同84.7%で共にランク外だった。

MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)で最上位は53位の青山学院大学で、昨年の100位から61位に大きく順位を上げた明治大学が続く。この2校の後には、87位法政大学、93位中央大学、125位立教大学が続く。前年と比べると、明治大学が前年比2.6ポイントアップ、立教大学が同1.7ポイントアップと伸びが顕著。ほかの3校は前年並みとなっている。

実就職率が頭打ちの学校も出始めている

関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)では、51位の関西学院大学が最上位で、92位の関西大学、109位の立命館大学、126位の同志社大学が続く。このグループの大半が前年並みの値だったが、同志社大学は1.4ポイントアップとなっている。

日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)の実就職率は、96位東洋大学を筆頭に、99位専修大学、111位日本大学、131位駒澤大学という順位となった。前年と同順位の専修大学以外は、前年の実就職率を下回り、順位も下がっている。

対照的に、産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)は、実就職率がアップし、順位を大幅に上げている大学が多い。このグループでトップの34位甲南大学は、実就職率が1.5ポイント上がり、前年の54位から大幅にランクアップした。

高い順に見ていくと、41位近畿大学は、実就職率0.9ポイントアップで前年の53位から順位を上げた。72位龍谷大学は1.0ポイントアップで、前年の86位から順位を上げている。73位京都産業大学も前年をより順位を1つ上げた。

有名大の中でも実就職率が上がる大学と現状維持の大学がある。ランキング全体を見ると、前年の実就職率を下回ったのは、比較可能な143大学中、49校で34%に上る。大学生の売り手市場は続くと見られるが、実就職率の平均値が90%に近づきつつある中、今後、実就職率が伸び悩む大学がさらに増えるかもしれない。