傷みまくるとやばい!キューティクルが溶ける!?キューティクルの重要性と適切なヘアケア方法

写真拡大

ヘアカラーやパーマをする際に、髪の傷みを感じたことはありませんか。

実は、この傷みは髪を保護するキューティクルの損傷が原因なのです…。

傷む主な原因は下記3つに分類されます。

1.パーマ・ヘアカラー・ヘアアイロン等による影響
2.紫外線や外的刺激(温度・湿度等を含めて)
3.生活習慣+髪の毛のお手入れ不足

これらの行動を続けてしまうと、髪の毛に重大なダメージを与え、ボロボロになってしまうだけでなく、頭皮環境まで悪化させてしまうので注意しましょう。

大切なことは、日々の習慣の改善と正しいアプローチを理解しておくことです。

今回は、キューティクルの重要性と損傷してしまった場合の対策法についてご説明します。

パーマやヘアカラーの仕組みとは?

カラーやパーマがどのような仕組みで行われているかご存知でしょうか。

カラーリング液やパーマ液と呼ばれるものは、髪の内側に直接浸透することでケラチン繊維という髪の芯の部分を破壊して、再び結びつけます。

このことによって髪をストレートにしたり、パーマにすることが可能になっています。

カラーリングについても同様で、髪の内部にカラーリング液を浸透させることによって色を付けるわけです。

ヘアカラーやパーマの髪・頭皮への影響

女性の抜け毛などはヘアカラーやパーマが関係している可能性があります。

髪の毛は1本を拡大して見ると、魚の鱗が重なったようになっています。

この鱗のようなものがいわゆる「キューティクル」と呼ばれるものです。

髪の毛の内部構造はもともと、髪の健康を保つ最適なバランスが保たれています。

ところが、人工的に違う色素を入れるために薬剤を用いると、そのバランスが崩れ、髪の毛にダメージを与えてしまうのです。

そのためこのサイクルを繰り返すと、外部を保護していたキューティクルに徐々にダメージが蓄積され、最終的には完全にはがれて保護を失ってしまいます。

また、ヘアカラーやパーマ以外にも、下記のようなことを続けるとキューティクルが溶けてしまうので注意しましょう。

1.頻度の高いブラッシング

頻度の高いブラッシングは、髪の毛に大量の摩擦熱を与えてしまいます。

ゆっくりなめらかに行えばあまり問題はありませんが、急いでブラッシングを行う際は注意が必要です。

また、ナイロン製のくしと天然毛のくしでも髪に与える影響が大きく違います。

キューティクルを傷めたくない場合は、天然毛の方をオススメします。

2.ヘアアイロンのプレス時間が長い

ヘアアイロンを活用して髪の毛をストレートにしたり、巻いたりされる方も多いと思いますが、適度な温度と適度な時間を守らないと、キューティクルが溶けてしまいます。

そのため、ヘアアイロンを利用する際は「正しい使い方」を理解しましょう。

温度を上げすぎたり、クセを付ける為に長時間プレスしたりするのは避けて下さい。

3.外出時に紫外線を気にしない

外出時に帽子やヘアケアアイテム(洗い流さないトリートメントなど)を利用しない場合は、紫外線によって髪がダメージを受けてしまいます。

外出する際は、しっかり紫外線対策をしておくことで、髪の毛を保護することができます。

キューティクルがダメージを受けるとどうなる?

・キューティクルが剥がれる
・枝毛・切れ毛の原因
・指通りが悪くなる
・外部の刺激に弱くなり更にダメージを受けやすくなる
・カラー・トリートメントなどが落ちやすくなる

キューティクルがダメージを受けると、以上のようなトラブルが起こってしまいます。

キューティクルの保護を失えば、髪は外からのダメージに弱くなってしまい、潤いをほとんどキープできなくなります。

さらにキューティクルは、一度壊れるとなかなか修復されないという特性を持っているため、髪の水分を保って潤いをキープすることが難しくなってしまいます。

じつはこれが、パーマやヘアカラーによる髪のパサつきの正体です。

キューティクルを失ってしまうのは、髪の保湿において避けなければならないわけです。

そのためカラーリングやパーマを過度に行うことは避けることをおすすめします。

その為には、ヘアカラーなどを長持ちさせる必要があります。

実は、ちょっとしたポイントを押さえる事で、素敵な髪色を長持ちさせることが出来ます。

何故ヘアカラーは落ちるの?

ヘアカラーの色落ちは、カラーリングに使う染料の微細な粒が様々な要因から開いたキューティクルの隙間から流れ落ちる事で起きます。

つまり、普段の生活の中で色落ちの原因となるキューティクルの膨潤やダメージを極力避ける事が、髪色を長持ちさせる秘訣なのです。

髪が濡れている状態

キューティクルが最も開きやすくなり、色落ちしやすい瞬間の一つが、髪の毛が濡れているときです。

濡れた髪はキューティクルが開き傷付きやすくなっており、非常にデリケートな状態となっています。

更に、ただでさえキューティクルの隙間から染料が落ちやすくなっている時にタオルなどで強い摩擦を加えてしまうと、髪同士が擦れ合い更にキューティクルが傷つき、どんどん髪色が落ちていってしまうのです。

自然乾燥

ダメージを恐れて自然乾燥にしている方も多いですが、濡れた髪はすぐに乾かしてあげないと、逆に思わぬダメージに見舞われます。

先述の通り、濡れてキューティクルが開いた状態の髪の毛は傷付きやすくデリケートです。

染料だけではなく髪の毛の栄養素も流れて行ってしまい、髪の毛にとって深刻なダメージを受けてしまいます。

更に、頭皮が濡れたままで蒸れることにより、頭皮の衛生環境も悪くなり髪の毛に悪影響を及ぼします。

濡れた髪の毛は、必ずしっかりと乾かすようにしましょう。

紫外線

実はあまり知られていませんが、肌と同じように、髪の毛も日焼けをします。

強い紫外線により染料や髪の毛のメラニン色素がダメージを受け分解してしまい、せっかくの髪色が色落ちしてしまうのです。

髪の毛の色落ちを防ぐ為にも、染めている間のシャンプーやトリートメントはヘアカラー用の物にし、早めにしっかりと乾かすことを徹底しましょう。

また、紫外線が強い日には帽子などを被るなどをしてダメージから髪の毛を守り、お気に入りの髪色を長持ちさせましょう。

予防と対策について

頻繁にヘアカラー・パーマを行っている場合は期間を空けること、そして日々ヘアケアが大切です。

トリートメントによるダメージ補修を徹底するだけでも、キューティクルを整えることができます。

一度キューティクルが溶けてしまうと、その部分はダメージを蓄積し続けます。

美しい髪をキープする為には、こまめなケアが大切だということを覚えておきましょう。

ヘッドスパでキューティクルのトラブルを徹底改善

ただ、髪がハイダメージの場合は、セルフケアでは修復できません。

そんなときに心強いのがヘッドスパです。

プロの手によって、保湿をおこない頭皮に栄養を補給することでダメージヘアは甦ります!

ヘッドスパならではのハイレベルな施術を受けることで、ヘアカラーやパーマによるヘアダメージのお悩みを解消することができますよ!