韓国軍によると、けさ25日(2019年7月)、北朝鮮東部の元山から日本海へ向け、飛翔体2発が発射された。約430キロ飛んだという。日本政府・与党関係者は、時間は午前5時33分で、飛翔体は4発だったとしている。

アメリカ政府高官は飛翔体は短距離ミサイルと見ていて、韓国軍は詳細について、アメリカ軍と分析中という。日本政府関係者は、飛翔距離は今年5月の短距離弾道ミサイル「KN-23」と同程度と話した。

米朝協議でトランプの尻叩く狙い

北朝鮮の意図について、共同通信平壌支局の元支局長・磐村和哉編集委員は3つの可能性をあげた。1つは、アメリカと韓国が8月に予定している米韓合同軍事演習への牽制。米朝首脳会談の後、演習は縮小されたが、依然実施が決まっており、北朝鮮は激しく反発している。

2つ目は、あさって27日(2019年7月)が朝鮮戦争休戦協定の記念日に当たること。さらに、いま米大統領補佐官(安保担当)が韓国を訪問中であること。6月30日に板門店で行われた米朝首脳会談を受けて、実務者協議の準備が進められているが、それに向けての政治的アピールだろうという分析だ。

古市憲寿「政治的なアピールならツイッターで済むのに、古い!」

キャスターの伊藤利尋「板門店の会談は、ツイッターからの呼びかけだったが、実際の会談となると、ミサイルを撃たないといけないのですか」

磐村記者「北朝鮮は米国に対して、核実験はやらない、大陸間弾道弾の実験はやらないと約束しているから、アメリカに譲歩を迫る手立ては限られているんです」

伊藤「話し合いに合意しているにも関わらず、こうしたことをするのは、理解に苦しみますね」

古市憲寿(社会学者)「政治的なアピールならツイッターで済むのに、何で古典的な手を使うのか」

宋美玄(医師)「何でこういう人たちがリーダーでいられるんだろうかと、不思議ですよ」