広島、DF高橋壮也が海外挑戦を目指して退団「23歳という年齢がラストチャンス」

写真拡大

 サンフレッチェ広島は24日、DF高橋壮也が本人の意向により退団すると発表した。現時点で次の所属先は決まっていない。

 23歳の高橋は立正大湘南高校から2014年に広島へ加入。2017年には明治安田生命J1リーグで21試合に出場したが、その後出番を減らし昨年はファジアーノ岡山への期限付き移籍も経験した。今季も公式戦1試合の出場に留まっていた。

 高橋はクラブの公式サイト上で以下のようにコメントしている。

「5年半という長い間、応援いただきありがとうございました。リーグ優勝や残留争いなど、多くの経験をさせていただいたクラブには感謝の気持ちしかありません。ただ、この先の自分の人生を考えた時、海外で挑戦したいという強い気持ちがありましたし、その思いはサンフレッチェ広島に加入した時から強く持っていました。そして23歳という年齢がラストチャンスだと思い、今回の決断に至りました。この先はどうなるか分かりませんが、自分が決めた道なので、悔いのないサッカー人生を送りたいと思います。5年半、試合に出られた時も出られなかった時も応援してくれたファン・サポーターに感謝したいです。本当にありがとうございました」