©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴に、マツコ・デラックスと有吉弘行が独自の視点で話していくトークバラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

7月24日(水)の放送では、「大勢いるなかでもなぜか自分だけが当てられてしまう」という投稿者の意見についてトークを繰り広げる。

©テレビ朝日

サーカスで舞台に上げられたり、テレビの観覧でも司会者にイジられたり、決して前のめりなわけではないのに指名されてしまうという。そんな投稿者の写真を見たマツコと有吉は、「あー、これは当てられるわ」と納得。

「ちなみに自分だったら…?」という問いに有吉は「自分だったら、とにかくアブない人は当てないようにしようと思っている」と告白。マツコは「ふっと見回したときに目が合った人」と明かす。ふたりは、いったいどんな基準で選んでいるのか?

さらに有吉が、マツコも納得の“CMでしか見ないタレントのヤバさ”を解説する。

そして話題は、わかりやすくブランド品に身を包んだ番組スタッフや芸人についてへと展開。自己主張は強すぎないほうがいい、という意見にふたりは…?