栃木・日光の世界遺産で220年間名前違い 関係者の指摘で判明

ざっくり言うと

  • 栃木県日光市にある世界遺産「日光山輪王寺」で、意外な事実が発覚した
  • 国の重要文化財に安置されている四天王像の1つの名前を間違えていたという
  • 約220年にわたり「広目天」と呼ばれていた像が、「増長天」だと判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング