日本時間7月23日未明に公開されたiOS12.4が、iOS12.3.1と比べて動作速度がどう変化したのかを、歴代iPhoneを使ってテストした動画が公開されました。

歴代iPhoneでiOS12.4のスピードテスト

公開されたばかりのiOS12.4と、直前バージョンのiOS12.3.1の動作速度比較テストの動画を、YouTubeチャンネルiAppleBytesが公開しました。
 
iPhone5s、 iPhone6、 iPhone6s、 iPhone7、 iPhone8の5モデルで、iPhoneの起動、各種アプリの起動と動作速度の比較テスト、そしてベンチマークテストを行なっています。

 

iPhone5s

動作速度テストは、iPhone5sからスタートします。左がiOS12.3.1、右がiOS12.4です。
 

 
iPhoneの起動、各種アプリの起動と動作速度に、ほとんど差は見られません。
 

 
「Geekbench」と「Antutu」のベンチマークテスト結果も、ほぼ同等でした。

 

iPhone6

iPhone6でも、iPhoneの起動や動作の速度に、ほとんど差は見られません。
 
ベンチマークスコアも、ほぼ同等という結果です。
 

 

iPhone6s

iPhone6sでも、動作速度に差は見られず、ベンチマークテストの結果もほぼ同等です。
 

 

iPhone7

iPhone7でも、iOS12.3.1とiOS12.4の間で動作速度に差は見られませんでした。ベンチマークスコアは、AntutuでiOS12.4のスコアが若干高くなっています。
 

 

iPhone8

最後はiPhone8です。iPhone8でも、各アプリの動作速度にほとんど差はありません。Antutuのベンチマークスコアは、iOS12.3.1がやや高くなりました。
 

 

動作速度はほぼ同等、安心できるアップデート

iAppleBytesは、動作速度テストの結果を振り返って、iOS12.4はiOS12.3.1と比べて動作が遅くなってはいないが、ベンチマークテストの結果はほぼ同等か若干遅くなっている程度で、動作速度はほとんど変化がない、とまとめています。
 
また、ユーザーインターフェイスにもほぼ変化はなく、一般的なユーザーが安心して適用できるアップデートと言えるだろう、とコメントしています。
 
iAppleBytesによる動画はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source:iAppleBytes/YouTube
(hato)