「「ゲームと地図の融合」が、スマートシティの未来を切り拓く:ミラーワールドを牽引するスタートアップ(2)WRLD3D」の写真・リンク付きの記事はこちら
本シリーズ「ミラーワールドを牽引するスタートアップ」は、雑誌『WIRED』日本版Vol.33に掲載されたケヴィン・ケリーによるカヴァーストーリー「ミラーワールド:ARが生み出す次の巨大プラットフォーム」のアイデアを基に米西海岸のスタートアップやラボを訪ね、ミラーワールドの実装フェーズを探った企画となる。ケリーによる論考に目を通した上で本記事を読むと、より理解が深まるはずだ。

「この3Dマップ、よく見ると『メタルギアソリッド2』に少し似ていると思わない?」。3Dマップと屋内マッピングのプラットフォームを構築するフェイザン・ガウリ(WRLD3D代表)の口からは、意外にも日本のゲームの名が飛び出した。

その事業を「ゲームと地図の融合」であり「現実世界をヴィデオゲームに変えるようなもの」だと表現する彼は、3Dマップを構築する際に「メタルギアソリッド」と「グランド・セフト・オート」に影響を受けたという。WRLD3Dは一般公開されている地理情報システム(GIS)データを用いながら、ロンドンや東京などの3Dマップをつくりあげた。

「IoTセンサーと組み合わせることで、建築物のリアルタイムでのモニタリングや、都市のシミュレーションに生かすことができます。例えば都市のCO2排出量がわかれば気候変動に対応できますし、ロンドンを走るクルマの25パーセントが自律走行車になったケースに3Dマップを使えば、何百万ドルから何十億ドルのインフラへの投資を行なう前に交通パターンを予測できます。それは現実世界をヴィデオゲームに変えるようなものです」

シミュレーションだけでなく、リアルタイムで都市の監視や制御にもデータを活かせる。たとえば、交通システムの管理やその都市で暮らす市民のセキュリティなどの目的だ。

そこで課題となりやすいのが、データの理解である。ガウリは大量かつ複雑なデータを「まるでファーストパーソンのシューティングゲームを遊ぶように」理解できるインターフェースを構築したという。IoTやスマートシティの専門家以外にも、そのデータを“民主化”したわけだ。ここでも、彼のゲーム業界でのバックグラウンドが活きている。

「以前ゲーム業界にいたころ、ゲームの3Dモデル構築に取り組んでいました。それをほかの産業にも応用し、企業のユースケースに適用したいと考えたんです」

ミラーワールドはアジアや中東から始まる?

WRLD3Dは屋内マッピング、とりわけスマートビルディングの領域に注力している。新しい建造物にはIoTデヴァイスが導入されることが多く、来るべきスマートシティの構築に備え、データの可視化に多くの時間が費やされているからだ。

すでにWRLD3Dは、中国・深圳にあるテンセント本社の屋内マッピングを、CADデータを基に実施している。湿度や水道メーターの管理にそのデータを生かしているという。

「サンフランシスコのような都市では建築物のデータが古く、スマート化が難しい。その点、中東やアジアでは過去10年で多くの建物がつくられ、データ量も豊富です。これらの都市がミラーワールドを発展させると思います」

既存の社会インフラがないからこそ、最新のテクノロジーやサーヴィスを導入しやすくなる状態は「リープフロッグ」と呼ばれ、ミラーワールドの構築においても適用できる考え方かもしれない。「先進国の都市と比較して、テンセントは信じられないほどのデータをもっていた」と、ガウリは振り返る。一方で、「何十年も前からある建物ではデータは非常に貧弱な状態」とも言う。

「3Dマップには周辺環境のコンテクストも含めたデータが必要になります。そもそも、わたしたちは世界を3Dで認識しているので、2Dマップを理解しようとすることは“自然”ではないんです。複雑なデータでさえも3Dで理解しやすい時代は、すでに始まっているんです」

連載:ミラーワールドを牽引するスタートアップ6D.ai:ARは現実を拡張するのではなく、わたしたち自身を拡張するWRLD3D:「ゲームと地図の融合」が、スマートシティの未来を切り拓くUnity Technologies:「重力がない」世界をデザインせよHigh Fidelity:もはや人々はメタヴァースを望んでいないのか?「ヴァーチャル会議」は気候変動から地球を救う。「社会のためのAR」をスタンフォード大学教授は研究するAR Cloud、Spatial Computing、Digital Twin……ミラーワールドをひもとくための7つのキーワード