「いまでも生きた心地がしない」京アニ放火で避難した男性が語る

ざっくり言うと

  • 京都アニメーションへの放火事件で、スタジオの2階から避難した男性
  • 当時は充満した黒煙で、伸ばした手が見えなくなるほど視界が遮られたという
  • 「一歩間違えれば死んでいた」「いまでも生きた心地がしない」と振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング