「闇営業」問題で、雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日(2019年7月)に、吉本興業を批判、涙の記者会見を行なったことで、22日の「スッキリ」の注目度が一気に高まった。

キャスターの加藤浩次(極楽とんぼ)と近藤春菜(ハリセンボン)がともに吉本興業の芸人だからだ。2人が何を語るか、あるいは語らないか、視聴者の関心は高まった。

加藤は、宮迫と亮の記者会見のVTRを見ながら、こう語った。

「本来はお笑いをやらなければいけない人間たちが、こうやって涙を流しながら謝罪会見をしている。これは僕、本当に悲しくてつらかった、そして、ここまでやってしまう状況まで追い込んだ会社に、僕は本当に憤りと怒りを感じています」

「会社を芸人はみんな怖がっている」

そして、声を震わせながらこう続けた。

「今の会社を(芸人やタレントは)皆怖がっている。岡本昭彦社長や大崎洋会長は、意見を言う人をつぶす。この取締役がかわらなければ、俺はやめる」

と怒りをぶつけた。退社も辞さないことを宣言したのだった。

さらに「トップが責任をとらない会社って機能しているのか」「吉本興業は教育(事業)に力を入れているが、こんなことでいいのか。経営陣をすべて刷新するのが一番いい」とまで言い切った。

同じく近藤春菜も涙を流しながら、こう吉本を批判した。

「ファミリーとはいいながら、(会見を)やめさせる。岡本社長のパワハラともいえる言動があった。今日の会見ではっきり答えて。吉本興業にあこがれて入った人が肩身の狭い思いをしている。会社は上層部の人たちだけのものではない」