男子の行動を勘違いしてとらえてしまい、女子側から恋を終わらせる方向に動いてしまった。

でも、実は男子はそういうつもりがなかった。とても残念なケースですね。

今回はこのような誤解を減らすために、男子が“ついつい好きな女子にやってしまう”行動を4つお伝えします。

女子からすると“脈ナシ”と勘違いしてしまうような、そんな行動について代表的なものをご紹介します。

1.LINEの返事が遅い

分かりづらいかもしれませんが、男子は、好きな女子に対しては、気に入られたいという想いが強いです。

ゆえに、メッセージ1つを取ってもしっかりと考えて返そうとします。

そのため、LINEの返事が遅くなることもあります。でも、女子は「私のこと、興味ないのかな」と誤解してしまいがち。

LINEの返事は遅いか早いか自体よりも、中身が“当たり障りないもの”なのか、ちゃんと“会話をしようとしているのか”で判断していくようにしましょう。

2.トイレ含めて離席時間が長い

男子も最近はお洒落な人が多いので、ファッションだけではなく、中にはメイクをしている人もいます。

特に好きな女子とのデートの際は、髪型のセット含めて入念にする男子も多いでしょう。

そんなバッチリ決めた男子とデートをする際、彼がデートの途中で長いトイレをはさんだりすることもあるでしょう。

女子側としては、「楽しくないのかな」、「別な人と電話でもしているのかな」と不安に感じてしまうかもしれません。

でも、彼は髪型が崩れていないかどうかなど、身だしなみをチェックをしている可能性があります。そうすると時間もかかりますよね。

彼の離席が多かったり離席時間が長かったりしても、それは“あなたに興味がない”ことには直結しないことが多いので、注意をしましょう。

3.興味が無いのに写メを見せてくる

男子は、好きな女子には「自分のことをとにかくたくさん知ってほしい、分かってほしい」と考えて行動しがちです。

そのため、女子が興味があるのかどうかは置いておいて、昔の写真などをとにかく見せてしまうことがあります。

女子としては、「間がもたないのかな」、「興味ないんだけど」と感じてしまうかもしれません。

彼が舞い上がってしまっていてあなたの気持ちに気づけない時がありますので、しばらく様子をみてあげるようにしましょう。

4.どんどん先に進んでしまう

デート中に彼がどんどん先に歩いていってしまったり、予約の席にむかってずんずんと進んでいってしまう。

女子側としては、「速すぎる、もうちょっとペースを考えて。あんまり私に興味が無いのかな」と感じてしまうかもしれません。

一方で、“歩くペースを合わせる”ような紳士的な配慮ができる男子ばかりではありません。

中には目的を設定するとそこにどんどん進んでいってしまうタイプも多いです。

好きな女子に対しては、右往左往しているところは見せたくないと男子は考えます。

初めて行く場所などだと、いち早く予約の席など目的の場所を見つけて安心するために、動きがいつもより速くなりがちです。

なので、彼がどんどん先に進んでしまったとしても、それは相手に興味が無いのかというとむしろ逆のことが多いです。

誤解しないようにしましょう。

おわりに

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

「男の本音は分かりづらい!」と感じてしまった女子も多いかもしれません。

ぜひ今回のヒントを参考に、勘違いで先走る前に、彼の本意を探ってみてください。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)