「20代は狂ったように恋愛した」ク・ヘソンが新作小説で明かした“恋愛経験”とは

写真拡大 (全4枚)

実際に会ったク・ヘソン(35)は、“愛”にあふれる人物に見えた。

これまでさまざまな作品を通じて演技力を見せたク・ヘソンは、同時に映画の演出、絵、詩、エッセイ執筆などの分野で活発な創作活動を広げてきた。

そして最近は、自分の恋愛経験を盛り込んだ小説を発表し、周囲を驚かせた。

【写真】ク・ヘソンの 美しすぎる“リバウンド写真”が話題

新作小説『涙はハートの形』(原題)を出版したク・ヘソンは、小説について「20代のとき、狂ったように恋愛した経験談を込めて書いた小説」と明らかにした。

『涙はハートの形』は、難しい性格の女性「ソジュ」と、拒否することができない魅力を持つ男性「サンシク」の恋愛を描いた小説だ。ク・ヘソン特有のはつらつとした文体と、彼女の独特な恋愛観が印象的な作品といえる。

ク・ヘソンは「もともとは20代のとき、映画のシナリオとして書いた文章だった。ところが時間が経って結婚をし、シナリオを再度読んでみると、もう自分では書くことができない文章だった。脚色して、小説として出そうと思った」と話した。

そして「最近、小さな本を所有したい若い層がかなりいるので、そんな本を出すことになった。出版社から出すことができなかったら、自分のインスタグラムで公開しようとまで考えた。私にとっては、どんなかたちであれ出せれば意味がある」と続けた。

(写真提供=HBエンターテインメント)ク・ヘソン

小説のタイトルはもともと「ソジュ(焼酎)のサンシク(常識)」だった。「小説を書くとき自分が焼酎をたくさん飲んだから、ソジュとつけた」と笑うク・ヘソンは、「ところが出版社側から20代の読者に響くタイトルにしてほしいと提案され、変えることになった」と経緯を明かした。

「私はソジュでありながら、サンシクでもある。登場人物たちに、20代で狂ったように恋愛したときの自分を多く投影した。そのとき、なぜ自分がそうだったのかわからない」と再び笑った。

結婚をした後、恋愛小説を出すことに対する抵抗感はなかったのだろうか。

出版前に夫アン・ジェヒョンの許可をもらったというク・ヘソンは、「私に劣らず、夫も20代のときに恋愛をたくさんしていて、2人で記憶を共有しながら読んだ。互いの恋愛について、どちらがよりのめり込んでいたかでバトルもした」と冗談を言った。

『涙はハートの形』は、ク・ヘソンの恋愛経験が含まれてもいるが、ク・ヘソンの愛に対する探求が込められた作品でもある。

「恋愛というものがどのように始まって終わるのか。自分の経験を投影して“恋愛や愛とは何なのか”、“結婚が恋愛の完成か”を考えた」

文章を書くことはク・ヘソンにとって、どのような意味を持つのだろうか。これに対して彼女は、「哀悼の時間」と表現した。

ク・ヘソンは「文章を書くと辛かった時間を再び感じる気がする」とし、「本当に辛かったその瞬間には文章を書けないし、その感情が過ぎ去ったら、過去の感情をもう一度持ってきて文章を書き、哀悼して見送るのだ」と伝えた。

ク・ヘソンの小説『涙はハートの形』

芸能人にとって、自分の恋愛経験を明かすことは簡単ではないだろう。しかし彼女はインタビュー中、自分の恋愛話を率直によどみなく明かした。

ク・ヘソンは、“20代のク・ヘソン”はどんな人物だったかという問いに、「愛に命をかけ、夏の虫のように火に飛び込んだ。恋愛に正直な人だった」とし、「彼氏の家にむやみに行って、待って、ドアを叩いて。それが可能な歳だった。お酒もたくさん飲んで、エネルギーにあふれ、エンドルフィンあふれる恋愛をたくさんした」と答えた。

彼女がした“狂った恋愛”の意味については、「あまりに幸せだったし、辛かった。私は好きな気持ちがあれば、隠せずにそれが全部表れてしまう人間だった。過去に出会った男たちのなかには、非公開に恋愛しようとする人がかなりいて、たくさん傷ついた。別れるときは別れるけど、今私たちが出会った瞬間が重要なのに、隠したらなんの意味があるのかと考えたからだ。でも今は、それを理解したので本当に良かった」と笑った。

そして「そんなことを何度も経験して痛みが尽きなかったから、だんだん恋愛に懐疑的になり、後には“恋愛はしない。私は平常心を見つけたい”といったマインドに変わった。30歳からそうなったようだ」と振り返った。

「最初は夫を避けたけど…」

そんなときに、現在の夫であるアン・ジェヒョンがク・ヘソンの心に入ってきた。

ク・ヘソンは、「疲れるだけ疲れて、二度と誰とも出会いたくなかった。別れに疲れて、自分が壊れそうだったし、自分を虐待するようで、当分は恋愛しないと約束した」という。

しかし「時間が少し経って、平常心になれたと思ったとき、ある若い男が何度も私を見てきた。“これは何?”と思った。実際に(アン・ジェヒョンを)すごく避けた。その感情を遮断しようとしたが、思い通りにならなかった」と、アン・ジェヒョンとの恋愛談を打ち明けた。

新たに挑戦したい分野について尋ねると、「もうしたいことはない。今もいっぱいいっぱいだ」と笑い、「20代のときは次々とアイデアが浮かんできたが、今は少し手にあまる。私は夢が多いので、その夢が実現されなかったり、挫折したりしたときは辛かった。そんなことをしていたら、夢を見ないのが私の夢になった。夢を見ると、自分を苦しめるようだ。自分を少し休ますことができればと思う」と述べた。

(写真提供=HBエンターテインメント)ク・ヘソン

最後にク・ヘソンは、女優ク・ヘソンとして復帰する意志を伝えた。

ク・ヘソンは2015年の『ディア・ブラッド〜私の守護天使』以降、4年間も作品活動から離れている。彼女は女優として復帰する意志を明らかにし、「視聴者にうまく近付ける演技を上手にできると思う。1歳でも若い間に、恋愛物語もしたい」と伝えた。