好きになった彼の事は、何でもかんでも知りたいものです。

お互いもっと深い付き合いに発展するために、隠し事もできるだけしたくないもの。

ですが、付き合って間もないのに、何でも聞きたいままに聞いてしまうのはNG。相手をドン引きさせてしまう可能性があります。

意外と女性は悪気なく聞いていていることでも、男性にとってはNGなこともあるんです。

それでは、はたしてどんな質問が男性にはNGなのでしょうか?

家族の込み入ったことを聞く

「もしかすると彼と将来結婚するかも」と考えたとき、気になるのはやっぱり家族のこと。

ですが、女性が気軽に家族の話をするのに反して、男性の中には家族の話をしたがらない人もいます。

生物学的にみると、一つのファミリーの中に男は2人いらないといわれているそうです。

そんな理由から、息子はある程度大きくなると、今のファミリーから独立したいと考えるようになる人が多いのだとか。

父親と息子が反発しやすいのも、そういった理由からなんですね。

もちろん、父親と仲の良い男性もたくさんいます。しかし、家族の話は男性にとってはちょっと気恥しい話。

女性が気軽に話すほどに話せないという人も多いので要注意です。

貯蓄額や収入にまつわることを聞く

貯蓄額や収入のことは、彼との結婚を望む女性にとって一番気になるところ。

ただ、かなりデリケートな問題なので、付き合いはじめで聞いてしまうのは問題です。

あなたがただ、デートなどの目安として彼の貯蓄額や収入を知りたかったとしても、いきなりプライベートなことを聞かれると「この人何か狙っているかも」といぶかって見られるかもしれません。

また男性にとって、経済力は自分の価値のようなものだと考えている人も多いもの。

それだけに、貯金額や収入にコンプレックスを持っている人も多くいます。

結婚したいと思っている相手には、男性のほうからタイミングを見て話してくれるものです。それまでおとなしく待っておきましょう。

学生時代の話を聞く

意外ではありますが、学生時代のことを聞かれたくない男性は一定数いるものです。

というのも、学生時代にいい思い出がないから。

学生時代いじめに遭っていた、受験勉強ばかりで辛かった…。そういう人もいます。

思い出したくもない思い出の場合もあるのです。

意外と気軽に聞いてしまうことではありますが、話が弾まない話題なら、それ以上はしない方が良いでしょう。

「この子といると辛い話ばかりするな……」と思われると、男性の気持ちがあなたに向くことはなくなるかもしれませんよ。

まとめ

付き合って間もないうちは、彼のこともまだまだよくわからないことだらけですよね。

少しずつ距離を縮めていくうちに話してくれることも増えるので、焦らず相手の出方を待つことも大切です。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)