7月21日に緊急生放送されたバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(55歳)が、“芸人ファースト”になっていない、現在の吉本興業の姿勢に苦言を呈した。

松本は、雨上がり決死隊・宮迫博之(49歳)と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47歳)が謝罪会見を開きたいと会社に訴えていた際、同社の岡本昭彦社長から「やってもいいけど全員、連帯責任でクビにするから」と言われた、とする点について、「吉本側の反論も聞いていないので」と前置きしつつ、「印象としてはそんなにおごり高ぶった言い方で、いつからそんなに偉そうになったんだ」とコメント。

さらに松本は会社に対して「あいつら、いつから偉そうになった、という思いはあって、昨日も会社に行って言ったんですけど、“芸人ファースト”じゃないと何も意味がない。『芸人がいてのあんたたちでしょ』ということは言わないといけないです」と批判した。