会見後、再度登場し、追加説明に応じる「雨上がり決死隊」の宮迫博之(右)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮

写真拡大

 事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が20日、同じく無期限謹慎処分となっているお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)とともに、都内で謝罪会見を開いた。

 急きょ開催されたこともあり、会見のリリースが届かない媒体があるなど、トラブルもあった。会見後は、報道陣がスタッフに今後の問い合わせ先など、追加説明を求めて押し問答になる場面も。この日のために集められたスタッフということもあり、意思の疎通がうまくいかず、報道陣が宮迫と亮本人に再度の説明を求める展開となった。

 報道陣の求めに応じ、改めて会場に姿を現した宮迫は「今後の連絡先は窓口がないんです。僕らの携帯電話しかないので、今後、何かしら窓口を作ろうとは思う。亮と相談しながら、ツイッターとかで発表させてもらう。僕らはフリーの状態なので、今後、伝えさせてもらいます。何か考えます」と説明。亮も「本当にツイッターぐらいしかいないので」と応じた。

 今後のコンビ名の扱いなどにも質問が及び、宮迫は「蛍原さんがどう判断するかは確認する」とし、亮も「僕もわからない」と2人とも相方にゆだねる姿勢。今後も2人で行動を共にするのかという質問には、宮迫は「それもまだわからない」。亮も「本当に野良というか…今日までをとりあえず目標にした」と状況を訴えた。

 何度も不手際を謝罪し、報道陣の提案にも耳を傾け、最後まで報道陣に誠実に対応した。