「凪のお暇」第一話より (C)TBS

写真拡大

黒木華主演のドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま/毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第1話が7月19日(金)に放送された。

【写真を見る】「何だこの色気は!?」と話題のゴン(中村倫也)!/「凪のお暇」第一話より (C)TBS

主人公の大島凪(黒木)が付き合っていた彼氏・我聞慎二(高橋一生)と、新たに出会った謎の隣人・安良城ゴン(中村倫也)、男性2人の正反対な魅力に、視聴者が早くも釘付けとなった。Twitterでは「凪のお暇」「中村倫也」「高橋一生」がトレンドトップ10入りを果たし、「ドラマの世界観がとても良かった!」「凪、視聴決定です」「出てくる人たちキャラ濃すぎ!目が離せなくなった」といった声が集まっている。(以下、ネタバレが含まれます)

■ けなげに生きる凪が傷つき倒れてしまう…

原作は、「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中のコナリミサトによる同名漫画。仕事も恋もすべて捨てた28歳OLの凪(黒木)が突然失踪し、追いかける元カレと新しく出会う人たちを巻き込んだ人生リセットストーリー。

第1話では、家電メーカーで働く凪が、いつも場の空気を読み続け、押し付けられた他人の仕事も「なんだかなぁ〜」と思いながらこなしていたある日、皆に内緒で付き合っていた彼氏・慎二と同僚たちとの会話を聞いてしまう。

凪が聞いていたことも知らずに、同僚に「付き合ってる人いるじゃないですか」と言われた慎二は「あーあれはね、アッチがいいから会ってるだけ」と言い放つ。「作るメシも貧乏くさいし、ケチくさい女、生理的に無理なんだわ」という暴言を耳にした凪は、その場で過呼吸になり倒れてしまった。

■ 心が折れて人生をリセット!

心がポッキリ折れた凪は、慎二や同僚たちには何も告げず会社を辞め、身一つで家賃3万円のエレガンスパレスに引っ越す。四六時中気にして生きていたSNSもスパッとアプリを削除し、「しばしお暇いただきます」と人生の休暇期間に突入したのだった。

しかし、あんなひどいことを言った慎二は部屋まで押しかけてくるわ、派手めな人の出入りが激しい隣り部屋に住むゴンという名の男は、突然ハグしてきて距離感詰めてくるわで、ちっとも心の休まる暇のない凪。慎二に「お前は絶対、変われない」と冷たい視線を浴びせられて、絶望するのだった。

■ 初回から視聴者の心をつかんだキャストたち

視聴者は初回放送からすでに、「大好きな原作だけど忠実に再現されてて最高」「ハマりすぎでしょ」「黒木華、高橋一生、中村倫也って塩顔のオンパレード」「あの世界に住みたい…」と、凪を翻弄する2人の男たちに夢中になっている。

慎二を演じる高橋には、「高橋一生のサイコパス演技キター!」「慎二やべぇよ〜怖いよ〜」「暴言からの泣き顔ってどんだけ罪なの」と、ゾゾっとさせる演技に加えて、実は凪のことが大好きなのに隠してしまう不器用さも合わせて反響を呼んだ。

ゴンを演じる中村には「あのハグ何!?反則だわー」「隣に中村倫也が住んでいて家賃3万円は破格」「ゴンの全身からほとばしる色気に卒倒しました」「慎二もやべぇがゴンもやべぇ」などという声が集まり、凪自身が感じた以上に衝撃を残す登場となったようだ。

次回、第2話は7月26日(金)放送。生きているだけでお金が減っていく現実に危機感を覚えた凪は、ハローワークへ行く。するとなにやら担当者ともめている龍子(市川実日子)と出会う。一方、慎二は凪のアパートのチャイムを執拗にならすも留守だった。そんな慎二に緑(三田佳子)が声を掛け、その後なぜか凪と慎二、緑とゴン(中村倫也)とうらら(白鳥玉季)でトランプをする流れになってしまう。(ザテレビジョン)