受験を控えた長男を刺殺した父に懲役13年の判決 殺意を認定

ざっくり言うと

  • 受験を控えた小6長男を刺殺したとして罪に問われた51歳被告の裁判員裁判
  • 被告は殺意を否認していたが、地裁は傷の深さから殺意があったと結論づけた
  • 「激高して刺したことが推認できる」とし、懲役13年の判決を言い渡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング