米国の市場調査会社ガートナーがこのほど公表した世界の情報機器市場に関するレポートによると、パソコン、タブレット端末、携帯電話を合わせた今年(2019年)の出荷台数は21億4850万台となり、昨年実績から3.3%減少する見通しだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

携帯電話が大きく落ち込む

 このうちの8割を占める携帯電話は同3.8%減少。落ち込みが最も激しいという。今の携帯電話の市場規模は年間出荷台数ベースで約17億台だが、これは2015年に記録した19億台から10%減少している。

 今後市場投入する携帯電話で新たな実用性や利用経験などを十分に提供できなければ、利用者は購入を控え、買い替えサイクルが長期化するとガートナーは指摘する。

 携帯電話市場における買い替えサイクルの長期化は2018年に始まった。今年も年間を通してその傾向が続くという。また、今年のスマートフォン年間販売台数は前年比2.5%減と、過去最大の落ち込みになると同社は見ている。

メーカーの頼みの綱は「5G」

 こうした状況に対処するため、スマートフォンメーカー各種は高速大容量の5G(第5世代)移動通信に対応する端末に力を入れている。すでに数社のメーカーが対応端末を市場投入しているが、2020年にかけて各社はより安価な製品を市場投入し、需要を喚起したい考え。

 しかし、これまでのところ米国や韓国、スイス、フィンランド、英国の一部で5Gの商用運用が始まったという段階。通信事業者がサービス対象地域を広げ、多くの都市圏をカバーするには時間がかかるという。

 ガートナーは2020年までに、世界の通信事業者の7%が5Gの商用サービスを始めると予測している。また、2020年における5G対応端末の全携帯電話出荷台数に占める比率は6%と、この時点でも導入期という段階。

 その後、通信サービスエリアが拡大し、端末の機能が向上するとともに、価格が下がっていく。こうした段階を経て、ようやく成長期に入るという。5G端末の販売台数比率が5割を超えるのは2023年と、ガートナーは予測している。

スマホの世界出荷台数、3年連続で減少する見通し

 別の市場調査会社である米IDCは、今年のスマートフォン世界出荷台数が前年比0.8%減の13億9400万台となり、3年連続で減少すると予測している(ドイツ・スタティスタのインフォグラフィックス)。

 IDCもガートナーと同じく、その理由の1つに買い替えサイクルの長期化を挙げている。背景には先進国市場における普及率の高さや、上昇し続ける端末価格に対する消費者の不満の高まりがあるという。

 同社も5Gがこの市場の成長に大きな役割を果たすと分析している。ただし、今年の5G対応端末の世界出荷台数は、わずか670万台。全体の0.5%にとどまるという。

 (参考・関連記事)「スマホの出荷台数、3年連続で減少する見通し」

筆者:小久保 重信