画像は京都アニメーションのホームページ スクリーンショット

写真拡大

アニメ制作会社・京都アニメーションのスタジオで発生した火災により、33人が死亡し35人が重軽傷を負った。放火したとみられる男の動機や人物像に注目が集まる中、風貌を「オタクっぽい」と伝えた記事にネットでは反発の声があがっている。

日刊スポーツは、男の自宅とみられるさいたま市内のアパートを取材し、住民からの話として男の容姿を伝えている。記事によると、男は「身長180センチ前後で太った体形、スポーツ刈りにめがね姿で住民の話では『オタクっぽい感じ』。働いている様子はなく、無精ひげで体臭を漂わせていた。」とのこと。記事では、男が起こした隣人トラブルや、過去に警察を呼ばれたことなども紹介している。

この記事へは、「オタクっぽい感じ」を強調しているように見え、マスコミはアニメやゲームのオタクをすぐに犯罪予備軍扱いするとして、反発の声があがっている。

「本当のオタクなら京アニの素晴らしさを知ってるはずなのでこういう表記やめて欲しい」

「わざわざオタクの部分だけ『』付けて悪意しか感じない」

「また『オタクは犯罪者予備軍』とでも言いたげな言い回しで怒りを通り越して気分が悪い」

「無意識に犯人がオタクであるかのように刷り込まれそうで怖いんだけど。その文いる?本当に必要な情報はそこなの?偏見じゃない?」

「オタクが何かしたわけ?その人が仮にオタクだったとしても、そいつはただの犯罪者であってオタクとはなんの関係もないよね?」

「隣人の証言であったとしてもそのまま『オタクっぽい』という言葉を使ってしまうのはどうなのかな...」

一方では、「近所の人の印象が『オタクっぽい』なのはその人の主観だから仕方ない」「“住民の話では”って書いてあるのに」といった理解を示すコメントも寄せられている。