会見するアスクルの岩田彰一郎社長(筆者撮影)


(大西 康之:ジャーナリスト)

 筆頭株主のヤフーから「事実上の解任」を突きつけられたオフィス用品・日用品ネット通販大手、アスクルの岩田彰一郎社長が18日、都内で記者会見した。個人向けネット通販事業「ロハコ」の譲渡を求めるヤフーを「成長事業の乗っ取り」と激しい言葉で批判した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

アスクル・岩田社長は徹底抗戦の構え

 アスクルは2012年にヤフーと業務資本提携し330億円の第三者割当増資で約43%(現在は45%)の出資を受け入れた。アスクルの品揃え、物流システムとヤフーのネット決済、集客力を組み合わせてアマゾン・ドット・コムなどに対抗する戦略で「ロハコ」を立ち上げた。

 両社の提携はうまくいっていたはずなのだが、2019年1月、ヤフーが突然「ロハコ」の譲渡を求めてきた。安定事業の「アスクル」と成長事業の「ロハコ」を経営の両輪と考えるアスクル経営陣は、ヤフーの申し出を拒否。すると6月27日、ヤフーが「次の株主総会でヤフーは岩田社長の再任に反対する」と通告してきた。

 岩田社長は「上場企業の指名委員会が決めたトップ人事が大株主の一存で覆るようでは、日本企業のガバナンスは形骸化してしまう」と徹底抗戦の構えを見せている。

「家族と相談して総会前に身を引かれてはどうか」

 記者会見での質疑応答は以下の通り。

――6月27日にヤフーとの間でどんなやり取りがあったのか。

 この日は元々アスクルとヤフーの代表者が話し合う「ステアリング・コミッティ」の予定が入っていた。ヤフー側の取締役から「川邊(健太郎ヤフー社長)から話をさせて欲しい」という申し出があり、川邊さんが弁護士の資格を持つ社員とやってきた。

 そこで「ヤフーは経営会議で、次の株主総会であなたの(アスクル)取締役選任に反対する、と決めた。(10%を出資する文具大手)プラスも反対する。ご家族と相談して総会前に身を引かれてはどうか」と言われた。

 しかし、アスクルは独立した上場企業であり、私を含めた取締役の選任案は5月の指名・報酬委員会で内定していた。大株主の一存でこれがひっくり返されるようでは、上場企業としてのガバナンス制度が無意味になる。

 静かに去った方がいい、というアドバイスもあったが、日本企業のガバナンスを考え直す意味でも、恥をさらして世の中に事実を伝えよう、正々堂々と言うべきことは言おうと考えた。

岩田彰一郎社長(筆者撮影)


――指名委員会の構成は。

 会社を代表して私も入っているが、(元東京証券取引所社長の斉藤惇氏など)6人中4人は社外取締役の独立役員で、公正な議論をしてもらっている。指名委員会に「辞めろ」と言われたら私はすぐに辞めるが、委員会に再任され7月3日の取締役会でも正式に決議された人事案を無視して大株主の意向が通るようでは、少数株主の利益は守られない。

8月2日に予定される株主総会でどんな決着がつくのか・・・(筆者撮影)


――岩田社長の出身企業でもあるプラスはなぜ、ヤフー側についたのか。

(プラスの)今泉(公二)社長は尊敬すべき方で、友人でもある。ただ、倉庫火災と宅配クライシスが重なってロハコの赤字が90億円に膨らんだことに危機感を持たれていた。

 これらの問題は解決し、業績は回復に向かっているのだが、ヤフーに「ロハコを我々が引き取れば、赤字事業がなくなってアスクルの株価は上昇する」と言われて、信じてしまったようだ。

 成長事業のロハコを切り離して得をするのはヤフーであり、アスクルの企業価値は損なわれる、と説明したが、理解してもらえなかった。

筆者:大西 康之