プレミア王者シティがハマーズに4発快勝でウルブズとの決勝へ!《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

写真拡大

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、マンチェスター・シティvsウェストハムが中国で行われ、4-1でシティが快勝した。

昨季プレミアリーグ王者のシティはシルバやラポルテ、新戦力のロドリらがスタメンとなった。そのシティがシルバを軸に攻勢に出るも、26分にアンへリーニョがPKを献上してしまう。このPKをノーブルに決められ、シティは先制されてしまった。

それでも33分、右サイドからのベルナベのインスウィングのクロスをファーサイドで受けたシルバが見事な胸トラップからボレーシュートを叩き込み、シティが試合を振り出しに戻した。さらに3分後、エンメチャがボックス右で仕掛けたところでオグボンナに倒されてPKを獲得。これをエンメチャ自ら決めてシティが逆転に成功し、前半を終えた。

後半からデ・ブライネやベルナルド・シルバ、スターリングにザネといった主力を投入したシティは、59分に3点目を奪う。ザネのスルーパスに抜け出したスターリングがGKとの一対一を制した。

さらに72分、スターリングが2点目を奪う。デ・ブライネのラストパスをボックス右のスターリングが難なくゴールに蹴り込んだ。終わってみれば4-1と圧勝したシティが、ニューカッスルを4-0と粉砕したウォルバーハンプトンと20日に決勝を戦う。

マンチェスター・シティ 4-1 ウェストハム

【マンチェスター・シティ】

ダビド・シルバ(前33)

ルーカス・エンメチャ(前36)[PK]

ラヒーム・スターリング(後14、後27)

【ウェストハム】

マーク・ノーブル(前26)[PK]