森保ジャパンが入ったグループFは、比較的対戦相手に恵まれた組みと言えそうだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 2022年ワールドカップ・カタール大会のアジア2次予選組み合わせ抽選会が17日、クアラルンプールで行なわれた。7大会連続の本大会出場を目指す日本は、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同居するF組に入った。
 
 2次予選は今年9月から来年6月までの長丁場。40チームが8組に分かれてホーム&アウェーのリーグ戦を行ない、各組1位と2位の成績上位4チームの計12チームが最終予選に進む。
 
 W杯アジア二次予選の組み分けは以下のとおり。
 
●グループA
中国、シリア、フィリピン、モルディブ、グアム
 
●グループB
オーストラリア、ヨルダン、チャイニーズ・タイペイ、クウェート、ネパール
 
●グループC
イラン、イラク、バーレーン、香港、カンボジア
 
●グループD
サウジアラビア、ウズベキスタン、パレスチナ、イエメン、シンガポール
 
●グループE
カタール、オマーン、インド、アフガニスタン、バングラディッシュ
 
●グループF
日本、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴル
 
●グループG
UAE、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア
 
●グループH
韓国、レバノン、北朝鮮、トルクメニスタン、スリランカ
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部