展覧会「動物パラダイス」京都の美術館「えき」で - 竹内栖鳳や清水六兵衞らが描く虎や犬、猫の動物画

写真拡大

展覧会「動物パラダイス」が、2019年8月29日(木)から9月16日(月)までの期間、ジェイアール京都伊勢丹内の美術館「えき」KYOTOにて開催される。

本展は、再整備工事中の京都市美術館の所蔵品から選りすぐりの名品を紹介する「京都市美術館所蔵品展」の第3弾。「動物パラダイス」をテーマに、日本画、洋画、工芸作品46点を展示する。

展示作品の作者には、竹内栖鳳、六代清水六兵衞、山口華楊らが登場。犬や猫たちの日常の姿を切り取り描き起こしたのものから、鮮やかな色彩と魚や鳥を組み合わせ絵画として完成させたものまで、バラエティ豊かな動物画が揃う。

また、会期中は、動物に関するグッズを持参した来館者に便利堂オリジナルの絵はがきをプレゼントする企画も実施。こちらは先着100名限定となるので、気になる人は早めの来館がおすすめだ。

【詳細】
動物パラダイス
会期:2019年8月29日(木)〜9月16日(月)
開館時間:10:00〜20:00(最終入場は閉館の30分前)
会場:美術館「えき」KYOTO
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 7階
入館料:一般 当日 900円/前売 700円、高・大学生 当日 700円/前売 500円、小・中学生 当日 500円/前売 300円
※前売り券は7月27日(土)から8月28日(水)までの期間、美術館「えき」KYOTOチケット窓口およびチケットぴあ、ローソンチケット、京都新聞文化センターほか各プレイガイドにて購入可能。

【問い合わせ先】
ジェイアール京都伊勢丹
TEL:075-352-1111(大代表)
 


[写真付きで読む]展覧会「動物パラダイス」京都の美術館「えき」で - 竹内栖鳳や清水六兵衞らが描く虎や犬、猫の動物画

外部サイト

  • 特別展「大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―」山種美術館で、近代日本画発展の軌跡を辿る
  • 〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
  • 展覧会「円山応挙から近代京都画壇へ」東京・京都で開催、写生画“円山・四条派”から近代日本画まで