米プロバスケットボール(NBA)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズ(右)とトビアス・ハリス(2019年4月18日撮影、資料写真)。(c)Elsa/Getty Images/AFP

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール協会(NBA)のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(Philadelphia 76ers)が、オーストラリア出身のスター選手ベン・シモンズ(Ben Simmons)と5年間で最大限度額となる1億7000万ドル(約183億6500万円)の契約延長に合意したと、15日に国内メディア報じた。

 米スポーツ専門チャンネルESPNは、シモンズの代理人を務めるリッチ・ポール(Rich Paul)氏の話として、ルーキー契約の延長に関する最終結論を出すのは10月半ばまで猶予があったにもかかわらず、双方の話がまとまったと伝えた。同選手は2019-20シーズンが4年契約の最終年となっており、契約延長が適用されるのは2020-21シーズンからとなる。

 2016年のドラフトで全体1位指名を受けた22歳のシモンズは、けがで2016-17シーズンを棒に振った後、2017-18シーズンの新人王を受賞。昨季は1試合平均16.9得点、8.8リバウンド、7.7アシストの成績を記録し、オールスターゲーム(NBA All-Star Game)にも初選出された。

 昨季までの2シーズンで計22回のトリプルダブルと計80回のダブルダブルを記録するなど、ゴール下で圧倒的な存在感を発揮してきたシモンズは、デビューから2季連続でトリプルダブルを10回以上記録するという、バスケットボール殿堂(Basketball Hall of Fame)入りを果たしたオスカー・ロバートソン(Oscar Robertson)氏しか成し遂げていなかった快挙を達成した。

 1982-83シーズン以来のファイナル制覇を目指しているシクサーズは、ジョエル・エンビード(Joel Embiid)、トビアス・ハリス(Tobias Harris)、アル・ホーフォード(Al Horford)も最低4年間の契約を残しており、シモンズとの契約がまとまったことによって、この4人がチームの軸となる。

 シクサーズは昨季まで2年連続で、プレーオフのイースタンカンファレンス準決勝で敗退している。

【翻訳編集】AFPBB News