電力会社、まだ変えてないの? 未来を壊す加害者側から抜け出すための「7つのポイント」

写真拡大

◆昔は電力会社を選べなかった。しかし今は選ぶことができる

 毎月届く電気代請求。電気の買い先は選択肢がない、選べない……と思い込んでいないだろうか? 確かに昔はそうだった。しかし、もうそんな話はとっくに終わっている。

 電力会社を選べるようになったのはもう19年前。その頃は大きな事業者だけが対象だった。だが、2016年からは家庭や小さな商店でも電力会社を選べるようになった。もうすでに3年が経っているのに、なんでいまだに東京電力の電気を買い続けるのか?

 ご存知のように東京電力は、2011年に原発事故を起こした。「事故」というと偶然の惨事のように捉えられるが、そうではない。防げるものだった。

 地震や津波を予想して対策案も出ていたのに、それを揉み消し、対策を怠った。犯罪である。殺人である。放射能がいまだに出ていることや、時間を経ても放射能はなかなか消えないことを考えれば、殺人は続いている。

 そんな東京電力に、なぜ電気代を毎月払うのか。選択肢がないなら仕方あるまい。しかし、他の電力会社を選べるようになってもう3年なのに、いまだに変えていないとすれば、無知か、無関心か、確信犯か。いずれにせよ加害者に加担していることになる。

◆「原発が嫌だ」という人は、大手電力会社から早く変えよう

 この記事を読んで今「電力会社って選べるんだ!」と気づいた方は、加害者側から抜け出してほしい。原発を止めようとしない電力会社(北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力)はさっさと解約しよう。

 上記の大手電力会社やその関連で働く方々を、責めようとは思っていない。恣意的な経済システムや会社の方針、上司の指示がそうさせるのだ。人それぞれ事情があり、何かを背負って頑張って働いている方々がほとんどに違いない。責任を負う上層部は別として「システム恨んで人を恨まず」だ。

「原発は嫌だ」という人は、たいていの世論調査でも6割〜7割になる。俺の周りでも脱原発志向の方が多い。それなのに「電力会社の契約、変えた?」と聞くと、「えっ!?」という人がかなりいる。だから「早く変えようよ〜」と書いているわけだ。

◆電力会社を変えることは、意外と簡単

 俺の場合、2016年4月に低圧区分の電力の小売自由化(家庭や小さな商店なども、電力会社を選べるようになったこと)になって、すぐに東京電力から他の電力会社に切り替えた。たとえ1円でさえも、東京電力にお金を払いたくなかったからだ。
 
 当時、東京池袋で営んでいたオーガニックバーの電気を、東京ガスが始めた電力会社に変えた。東京ガスは電話で問い合わせすると自宅まで来てくれる。簡単な書類を書くだけで15分ていど。1〜2か月後には切り替わる。

 切り替わりの際に電気が止まることはないので、心配ご無用。東京電力の解約も自動的に進むので手間いらずだ。ウェブやスマホならもっと簡単にできる。その後すぐ、練馬区の自宅の電気も東京ガスに変えた。

 しかし、ここからが肝心。東京ガスは原発からの電気はほとんど使っていないとはいえ、ほとんどが火力発電による電気だ。これでは温暖化を加速させてしまう。火力発電でもっともCO2を出すのが石炭で、それに次いで石油、天然ガス。東京ガスは天然ガス発電なので、火力発電の中にあっては一番良い。しかしそれでもCO2を撒き散らすことには変わらない。

 だから次の段階として、自然エネルギーで発電される電気を買いたいと考えるのは当然だ。ひとまず東京ガスに変えたのは「大手なので対応が簡単で早い」という理由からだった。

◆地域に根ざす、小さな電力会社を応援したい