photo via Pexels

写真拡大

 仕事中、上司とちょっと話をしたいという場面があるだろう。念のために確認をしたり、早めに上司の耳に入れておきたいと思ったり、簡単な指示を得たいというような場面だ。

◆上司とすんなり話せる部下は何が違うのか

 長い時間がかかるわけでもないし、事前に都合を聞いたり、会議案内を送るほどでもないと思って上司に声をかける。そんなとき、たいていすんなりと上司が聞いてくれて話がすぐ終わる人もいれば、ほとんどの場合で上司から嫌な顔をされたり、「忙しい」「後にしろ」と拒絶されたりする人もいる。

 この違いを「いい上司、悪い上司に当たったからしょうがない」と諦めている人が多い。しかし、同じ上司に対して別の部下が話しかける場合でも、ある部下に対しては、スムーズにその場ですぐに話が進み、別の部下に対しては、拒絶されて疎まれるということがよくある。

 「上司と部下との相性の良し悪しだ」「上司はえこひいきしている」「差別だ」「特定の部下へのハラスメントだ」という声が聞こえてくるが、スムーズに話が進む部下はどの上司に対してもすんなりと話しが進み、上司から拒絶される部下はさまざまな上司から「後にしろ」と言われてしまうことが多い。どうやら部下の側に問題がありそうだ。

 部下が上司とちょっと話をしたい場面で、部下が上司に話しかけている内容を分解してみると、上司にすんなり受け入れられている部下と、拒絶されている部下とで大きな違いがあることがわかった。

◆BIGPRがわかれ道に

 拒絶されることの多い部下は、上司のそばに寄っていきなり話したいことを伝えるか、「ちょっとよろしいでしょうか?」とひと声かけて話したいことを伝えるが、すんなり受け入れられる部下はBIGPRを伝えて上司の意向を確認してから話したい内容を伝えているのだ。

B:Background=背景 話しかけることになった背景や経緯を伝える
I:Introduction=自己紹介 今の気持ちや状況を伝える
G:Goal=目的 何の目的で話したいかを伝える
P:Period=時間配分 何分くらい話したいか伝える
R:Role=相手に期待する役割 相手にしてほしいことを伝える

 話しかける部下からすると、事前に都合を確認したり、アポをとるほどではないから突然話しかけているわけだが、突然話かけられたり、「ちょっとよろしいでしょうか?」と言われただけで話しかけられる上司からすると、いったいなにの目的で話しかけられているのかわからないので不安になる。その不安が拒絶につながる。

◆BIGPRで上司の対応もスムーズに

 何の背景で話しかけているのか、前の会議のことなのか、昨日指示した業務のことなのか、個人的なことなのかわからないので、拒絶したり、あとにしてくれという反応になる割合が高まる。報告なのか、相談なのか、内容がわからなかったり、そもそも5分必要なのか、15分必要なのかわからなければ対応のしようがないと思う上司が多い。

 そこで、突然話しかけてたり、「ちょっとよろしいでしょうか」と声をかける代わりに、BIGPRを繰り出せばよい。「先ほどの件ですが(背景)、ちょっと気になっていまして(自己紹介)、報告させていただきたく(目的)、このまま5分(時間配分)、話を聞いてもらってよいでしょうか(相手に期待する役割)」というようにだ。

 ちょっと話しかけるケースでは、上司は部下である自分のことを知っているケースがほとんどだろうから、所属や氏名を言うという自己紹介はもちろん不要だが、今の状況や気持ちなど自分のおかれた状況(広義の自己紹介)を差し込むことになる。

 上司にすんなり受け入れられ、かわいがられる部下と、上司から拒絶される疎まれる部下との違いは、わずか5秒で繰り出せるBIGPRを実施しているかどうかという、とても小さな違いなのだ。