【バーデンバーデンC】大野「フワッとする場面も」5番人気のカラクレナイが接戦を制す!

写真拡大

 14日の福島11R・バーデンバーデンC(3歳上オープン、芝1200メートル)は、大野騎乗の5番人気・カラクレナイ(牝5、松下)が優勝。3歳春のG競侫リーズレビュー以来、約2年4か月ぶりの勝利を飾った。互角のスタートから道中は中団の外めを追走。そのまま外を回って押し上げると、直線では2、3着馬とのアタマ、クビ差の接戦を制した。

藤田菜七子「この馬を信じて乗りました」今年18勝目

2017年フィリーズレビュー以来の重賞勝利

 騎乗した大野は「コーナーで前の馬の後ろに入れられたのが良かったですね。直線では(先頭に立って)フワッとする場面もありましたけど、折り合えればいい脚を使ってくれます」と振り返った。