藤田菜七子「この馬を信じて乗りました」今年18勝目

写真拡大

 藤田菜七子が14日の福島6Rでスパークオブライフ(牝3、小島茂)に騎乗して優勝。今年のJRA18勝目を挙げた。

 道中は後方2番手でじっくりと脚を溜める形。向正面から外を回って押し上げると、直線では早々と抜け出してV。2着スズロザーナに3馬身半差をつけてゴールした。

【日曜福島/新馬5R】松岡「芝の短いところは合ってる」10番人気・マイネルテナシャスがV

馬のリズムを大事に

 菜七子騎手は「馬のリズムに任せて競馬をしました。後ろの位置になりましたが、今まで何度も乗っていたので、この馬を信じて乗りました。こういう馬場(重馬場)も苦にしませんね。勝てて良かったです」と振り返った。